【ウォーハンマー】見学レポート:「戦国天下」別府ウォーハンマー大会2010(1)

[2010/06/14]

別府市に出来たRingtailさんのおかげでウォーハンマーというものを見ることができるようになりました。
しかしそれって出来のいいフィギュアが並んでて、「へー、すげー」となって終わってしまいかねないわけですよ。
まあ具体的にどんな感じで実際の試合が行われるのかとか全然わからない。

しかし、別府市で大会が行われました。そして
「未経験の方も楽しんで頂けるよう、ミニゲームやペイント体験もご用意!もちろん見学も自由」(http://www.ring-tail.com/events.php HPより)
との事。
6月14,15日の2日行われるこの大会ですが、なんとか都合をつけて行くことが出来たのは14日だけでした。
正直、行ってよかった。楽しかった!!自分が思っていた以上に!!

そんなわけで14日に見学させてもらった分を簡単にレポートします。
——–

まずは会場は別府中央公民館の1階講座室。
建物入って正面といういいポジション。
会場は駐車場があるが、昼くらいにはオーバーして玄関先とかに止める人も居たくらい。
でも午前の開場時間ぐらいの時は全然余裕がありました。

なお、会場は飲食禁止と張っていた。部屋の目の前に自動販売機+スペースがある。

会場の講座室自体も広い!フィールド使うから必要だけど。

自分の行ったタイミングでは準備中。その準備から見学。
フィールド関係のものだけでもたくさん。
長机組み合わせても10以上のフィールドが作れるくらい。
今回は大会という事で、複数のフィールドを展開。
サイズも大きめ。もちろんユニット規模によって変わるそうです。
んで普通のフィールドと雪と砂漠。
ウォーハンマーのイメージってなぜか風車。なんでだろう。(個人的なイメージです)
砂漠ステージのトロピカル感はうまいなーと思いました。
100円ショップものとかもあるようですが、そのままでは質感がいまいち。なので着色しているそうです。
建物も様々。プラのものと紙のものと発泡スチロール系のものがありました。

奥の方に展開されていたBATTLEFLEET GOTHICというゲーム。
宇宙戦艦の殴り合い。WARHAMMER 40,000の派生ゲームらしく、種族に対応した戦艦フィギュアとかがあるらしい。すごく面白いそうなのですが、残念ながら未訳。
ただこの宇宙フィールドは心惹かれる人が多いのでは?はやぶさも帰ってきたことだし。

ちなみに大会自体は遠方の方が遅れたり、これなかったりがあったようです。
沖縄とか名古屋とかから参加者が居た様子!

そんな中、ミニゲームが出来るフィールドとか、展示品とかの展開も。

色々見てると見学者が来ました。北九州や筑豊、佐賀からも。
また、ゲームではなくモデリングに興味があるという年配の方も見学していました。

多少大会を見学した段階で見学者でミニゲームをやってみることになりました。

ミニゲーム:スクイッグ狩猟

スクイッグは半キノコの怪物。
スクイッグを捕まえて、自分の陣地に持って帰るのが目的。

ゲームはスクイッグのターン、各プレイヤーのターンの順番。
プレイヤーの順番は毎回1-4のチップを裏返しにして引くことで決定する。
スクイッグは方向サイコロと4d6でランダムに移動します。
ちなみに4d6で出た目cm分移動するよ。
スクイッグからの攻撃は1d6で3-6で食べられてしまう。食べられたゴブリンは即死。

プレイヤーは各々5匹のゴブリンを扱います。
ゴブリンの移動力は皆固定(16cm)で、捕まえて帰る時は移動半減(8cm)だ。
プレイヤーはゴブリンを動かして敵と接触(1cm以内)すると攻撃が出来る。
ゴブリンがスクイッグに攻撃するときは1d6で4-6で命中、捕まえることができる。
他のゴブリンを襲うこともできて、1d6で4-6で命中、もう一度1d6で4-6が出ると死んじゃう。さらに捕まえていたスクイッグも奪えちゃうのだ。

しかし捕らえたスクイッグはスクイッグのターンがくると、ゴブリンの網から逃げようとする。
1d6で6が出ると脱出出来る。
すぐに行動を判定する。
1d6で1-3はその場から逃げる、4-6で攻撃を行うのだ。
その場から逃げるが出ても、移動の方向はランダムなので、向かってきたらやっぱり攻撃するのだ。

自分の陣地に持ち帰った数で勝者が決まるが、同数の場合は生き残ったゴブリンの数で決まる。

ゲームは初期位置が偏っていたこともあって、黄色と赤が中央で争う。
本当は4面の中央からスタートみたいだけど場所の関係で寄っていたのだ。
スクイッグが最初の移動で緑(自分)の方に寄ってきた関係で、邪魔が無いうちにポイントを稼ぐことが出来た。
青も黄色と赤の争いの間にポイントを稼ぐ。
序盤の争いで赤は数が減ってしまう。
ポイント的には緑3>青2>赤1>黄0位になった。
ここで黄色に何かのスイッチが入ったようだ。
他の人のゴブリンを徹底的に襲い始める。

黄色のゴブリンはほかゴブリンとの争いに徹底的に勝っていく。
その間にスクイッグからも襲われる他の人はポイントこそ入っているものの、ゴブリンも減っていく。
中央の争いで一気に黄色がポイントを追い上げていく。

赤(店長さん)が早々に全滅。
残りスクイッグ1の段階で緑4>青3>黄3>赤1に。
しかしゴブリンの残機は緑1>青1>黄5>赤0。
緑と青がスクイッグを捕獲するも、それを襲う黄。

最終的に黄色ゴブリンは無傷でほかゴブリン全滅。
ポイント同点で残機勝ちという結果に。

その間にも見学者が。
コンベンションでウォーハンマーのTRPGをやった一二三んも。
宇佐や別府の人もきました。

もう一つのミニゲームは店長さんと佐賀から来た方がやってました。
そちらの方が実際のゲームの簡易版的な内容だという事です。

後から来た方もスクイッグを狩猟しました。
今後は捕獲したスクイッグが異常に脱出して食べまくった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です