【参加レポ】豊後ボードゲーム交流会

豊後ボードゲーム交流会[2013/11/27]
大分市ホルトホール 406会議室

さて、以前遊こんの際に参加者からとある情報が。
「平日にボードゲームイベントがあるらしい」とのこと。
情報を聞くと、平日水曜日に間が9:30から21:30と超長い。
平日の大分でこれだけするとは。
しかも会場はホルトホール。
検討はしたものの、コンパルより会場費が高いのでまだ使っていない新しい会場だ。

平日なので仕事休めそうなのは火村さんくらいか。
まあ万に一つのチャンスにかけて休みを取れないかなと思いましたがそれは無理。
まあ火村さんにお任せして・・・


まあ時間が長いのでどんなモノか様子を見て火村さんに話を聞こうという算段で様子見に。

まあ初めて通るわけでは無いのだが、まだ新しい施設なので綺麗。

会場行くと・・・3卓ゲームがフル稼働。

マジで!すっげー。居るんだなこんなに。
そして会場には大量のゲームが。そして説明のPOPが。

これはわかりやすい。本屋の手書きPOPのような感じ。すごいなー。これはいいなー。

程なく区切りが付いた所で、人数が多いとなるとあれが出てくるのかと。
人狼。

ああ、いやな予感がしたんだ。まあ的中。
村人なのにさっさと吊されて、後ろでにやにやしながら見るのが楽しいゲームなのだ。<楽なだけ。
最後の方まで残ると胃がキリキリしちゃうなー。
っていうかこれも勝ち方は分からないゲームだな。
もはや何しゃべっても怪しまれるし、しゃべらなくても怪しまれるし。
たぶんこいつはひどい奴だという印象ばかり与えた感じ。
やっぱり苦手なゲームという印象はあるんだよなー。

その後人が減るがそれでも3卓。
やったこと無いキングオヴトーキョー

ダイスゲー。大味なゲームかと思いきや結構終盤までもつれる。
カードの効果が色々あるが、そんなに使わずに終わった。
カードによっても変わってくるので、違った展開になるのかな。
あと人数が増えると要素がかなり変わる感じ。
他はパンデミックと7Wounder。

その後2卓編成に変わり、BANG!のダイスゲームに。

もう片方はHANABI。

協力ゲームなのだが、中々難しい。
そしてせっかくのカード情報を終盤は皆忘れる。
情報を伝えるタイミングとかで意図をくみ取らないと伝えきれない感じ。

そんな感じで終了。
その後色々お話を聞くことに。
イベントとかには出ずにやってた方が多いとのこと。
実は大分市内の参加者が多かったそうだ。
情報源としてtwitterやfacebookが大きいようで。
そうか。facebookは色々あって手を出してないんだけどな。見る為だけにでも入る必要があるのか?いや火村さんがんばれ。
あと飛び込みの参加も多かったとのこと。
周辺の学生と先生とかも居たとのこと。
ホルトホールは新しい上、駅目の前という立地。
また図書館なども含めてスペースの解放具合が学生を寄せてる感じ。
今時の公園はボールすら使えないが、目の前の広場はボール蹴る人達が相当数。
会場入ってのホールとかも学生が多い。僕たちも中高のころコンパルが出来て結構使った記憶があるがそんな感じだろうか。
そうなった時にちょっと気がついた事。
告知不足もあるのだろうが、イベント名に「ボードゲーム」が入っているのがポイントかな。
飛び込みが来るのもその要因が強いのでは。
遊こんもイベントの表示に(ボードゲーム)とか入れてもいいのかもね。
あとたまにホルトホールを取るべきなのか。
これはTRPGの方も含めて。

イベントとしてはすごくまとまってて好印象。
ゲームのPOPもわかりやすく、初体験の人には特に良かったのでは。
またスタッフさんもかなり周辺に気を配ってる感じで良かったです。

今までとまた違う方向での交流もできました。
いやー、余所のイベントや新しいコミュニティーは活気があっていいなー。
こちらが知らなかっただけですが。
ほんのわずかな時間でしたが色々楽しめました。
また機会があればよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です