【参加レポ】熊本地震復興支援TRPGコンベンション 『#復興コン』(2:初日04/29)

熊本地震復興支援TRPGコンベンション 『#復興コン』[2017/04/29-30]
くまもと県民交流館パレア 9F 会議室1(会議室2、10F 会議室8)

2017年4月29日、30日に熊本で行われた #復興コン への参戦記録です。
初日はPathfinderが立ったのです。

さて、当日早朝から大分から移動する組からGILさんとの連絡がつかず合流が遅れているとの連絡が。
幸いその後つかまり、少々の遅れで着きそうとの連絡が。

向かう途中で大分から朝移動した他の人に遭い、会場へ向かう。
マスターは9時までに受付だが、自分も少し遅れ気味だった。

あおきさんと少しお話が出来た。
これまで挨拶とかはするものの、中々お話する機会が取れなかった。
お互いがお互いの卓に中々入れず。
以前KKFの時も抽選漏れたし。
いつか一緒の卓に!

そんな話をしつつ、マスターも希望卓を書くアンケートが。
もちろんマスター参加の人はゲストには絶対入れない。
正直余所を選別して選んでる余裕が全く無いので一任に。
素養が無いシステムも多いのでドキドキだけど。

どうやらプレイヤーの決定は当日らしい。
熊本の伝統の方法なので、との事。
まあKKFとかまあ馴れてるだろう。
が、すっごい昔ウチも80人ほど参加があった時はスタッフ大混乱だったけど、今回の規模で大丈夫かな?と。
正直事前に決まっていたら立たない分の荷物を減らせただろうに・・・と思ったのは内緒。

そして開会式。
ゲストが入ってくるが、見事に自分は見た事が無い。全くそっちに目を向けていない人間なので。
どこか遠い世界に居る人という感じ。
そしてゲスト卓の抽選を行う。
クラウドファンディングで決まっている人を除いた空き枠を埋めていくのだが、希望とかそういうのは聞かず、ガンガン振り分けていくスタイル。
もちろんそこを指定出来るのはクラウドファンディングの特典。
そしてゲスト卓がすべて埋まってから残りの人の希望を回収して分け始める。
卓分けの間に告知タイム。
余所はゲストが来るようなイベントとかポスター貼ってたり様々な企画的なイベントを告知する中、ただただ普通にコンベンションやってる告知を行う。
まあDAC(大阪)を蹴って来たと紹介されたがそっちだけで無く、結婚記念日も蹴って来たからな。もう後が大変。
卓分けに結構時間がかかり司会とゲストの掛け合いで間をつなぎつつ、発表に。
初日は成立となった。

人数は5人。
パスファインダーは初めての方々。
幸い3.5e経験者2名と文庫版D&Dの経験者1名が居た。
こちらの準備したサンプルを使用してのプレイ。
キャラクターを選んでもらい自己紹介に。

ポップ (ローグ(UC)1/ハーフリングゥ/女/)(nさん)
スティング (スカルド1/ハーフエルフ/男/)(クニミツさん)
ダーイン (ファイター1/ドワーフ/男/)(ぜろかん)
アリア (クレリック1/人間/女/23)(七薙さん)
フジキド (アーケイニスト1/エルフ/男/25)(ヤスナミさん)

開始時間が実質11時半を過ぎていた兼ね合いもあり、シートとアクションなどの簡単な説明を行い昼食タイムを取る。
その間に初戦用のセットアップを行う。
今回はネズミなのである程度数を出す必要があるのでその準備。

そして初戦に入ったのが13:30過ぎ。
チュートリアルとしての戦闘としてネズミ襲来とネコのぼんやりシーン。
奥の食料庫でネズミが食料(ベーコンや穀物類)を引っ張り出しつつ、店内ではキャットフォークの一人が突然ノールに殴りかかる。

位置取りや敵の時系列での移動、複数箇所での発生というネズミ感を出す部分と、元々のシナリオにある複数の依頼主に関わる部分を入れ込む。
なお元のシナリオはこういうの無しに依頼を投げ込むだけで、探索パートに入る。
本来あのキャットフォークを某カートゥーンでネズミと仲良くケンカするアレとして出す計画だったがこの戦闘だけでかなりな時間を消費するのでその成分は薄める。
パーティーの肉への食い付きの良さはテストプレイの2回と変わらず。
この戦闘が終了したのが15:00位。
時間的にトムジェリの行を削り依頼に入る。
元シナリオでも肝となる二重の依頼をPCへ投げる。
キャットフォークの女とノールの商人、お互いが盗まれた宝石を取り戻して欲しいと持ちかける。
お互いがお互い金を払う気は無いので相手の値の1.5倍を提示するという流れ。
基本ネコの方が受けはいいものの、ノールが肉を振る舞う部分はやはり好評。
大半の人は熊本に肉(主に馬肉)を食いに来てるからか。

町での情報収集パートに進む。
やはりこのパートになるとシステムになれてない人も色々出来る。
ただ時間が厳しく、色々絡む部分やバッドに進む方向はあまり出さないようにする。
また星カードは活用してくれた。
とは言え、それでも時間が足りないのでアルケミストの塔だけでなく教会でのイベントも削ってしまう。
教会では起きた事と情報だけとなる。
ここで宝石がネコ科動物に作用するアイテムである事がわかる。

テストプレイでは逆に削ったアジトシーンに向かう。
ただこのシーンに入る時点ですでに16:00を回っていた。
アジトのあるスラム街の川の上でのシーン。

そして例のアレ登場。
川上から筏に乗ったアレ登場。
今回はアルケミストとかも合流しているので2体増強して望む。
ただ時間のなさもあって、演出不足でやや受け+触れてはいけない感が強かった。
しかし3.5馴れした人が居たため、メインの仕掛けを行う前に倒しにかかる。
筏側から周辺のスラムに散らしたゴミ目がけて錬金術師の炎を投げつけ炎上開始する。
もちろんアーケイニストのバーニングハンズを受けあのネズミ炎上。

そして沈没。
その間に他戦力を押さえる事で戦闘終了。

この時点で17:00をかなり過ぎているため、巻きで閉める事に。
2つの依頼主が登場するも、パーティーは教会へ持って行く選択を行う。
そんな感じでプレイ終了となった。

正直時間に追われて楽しませる事が出来たかは非常に不安。
特に戦闘面では意図していた部分を出せなかった。
ダメージをほとんど与えなかったのでクレリックの活躍も少なかったし、ローグを回り込ませようと広めに取ったけど、時間の都合で出し所に敵を出せなかった。
そもそも戦闘中に消火イベントなどで行動出来るように意図していたものは全く出来なかった。
EP Mixと付けたのは炎上パレードという意図だったので。

まああのネズミは燃やし沈めたが。

今回のプレイではプレイヤーを引き込むような振りや細かい部分を出せなかったという部分はあるが、やはり時間を考えると色々振れない残念プレイとなった。
やはり3.5e経験者はその辺り動きや押さえ所はさすが。
他の方も出来る事を模索しながら様々な形で入ってくれて本当にありがたかった。
プレイヤー各々はすごく協力的で色々やってくれたのに、もっと生かせたらと思うと申し訳無い。
パスファインダーならでは感をもっと出したかった。
限られた時間の中で出そうとしたが、全体的に中途半端になった。
最大の敵、時間というリソースは強かった。バタリ。
でも明日のシナリオが違うものをやるという話をして「明日も入ってもいいかな」と言ってもらえたのはありがたい。
もしリベンジのチャンスがあるなら!明日はもっと楽しませ所を出したいなー。

その後色々な方から声をかけてもらいながら必死に片付け。
何とか大枠の片付けをトークショー前に終わらせる事が出来た。
トークショーはオフレコなので触れません。
まあさすがこの世界でプロとしてやってるだけあって話はうまい。イベント馴れしてるなと。

トークショー中も若干明日の事を気にしていたが、意図せずコロッサルハンターが当たってしまう。
今回のゲストでもある備前伸光さんのサイン入り。
早速同田貫さんより無茶ぶりが。オイラやるの?これ。
正直変にキャラ押しなりきり系のゲームで無くて良かった。いや方向性が合えばやるんだけど。
混成でもすでに2回立ってるこのシステム。(うち1回は同田貫さん)
大分で2回も立つんだから人気システムだな。(基準がおかしい)
まあ考えます。いま気にしているのはこのサイン入りを使うか別途購入してこの本を保存するか位ですな。

そんなこんなで初日は終了。
GILさんとかは同卓の人と食事に行ってたが、こちらはまず荷物が大きいのでホテルに戻る。
その後、大分からきた他の人と食事へ。

天外天という熊本ラーメンの店で夜しかやってないらしい。
やっべー、超旨い!
そしてその後3人のうち2名酒を飲まない、2名珈琲を飲まないという行き場に悩むメンバーである事が発覚。
色々巡ったがミスドで抹茶フェアという辺りで妥協する。
そして色々お話をしたが、他の人もいい経験をしたようなので次週以降にお土産話が聞けるのでは無いかと。
その後ホテルへ戻り、翌日への対策を。
そうだ、翌日チェックアウトだから荷物まとめないと。
あとどのタイミングからか分からないけど鼻が痛くて。
ホテル帰って見ると皮がむけてるっていうか削れてるというか。
何かプレイ中から痛かった気がするけど分からないなー。
しかし疲労もありまずは寝る。



追伸:大分でCat and Mouse参加された方へ。
ネタバレ禁止期間は終了です。ツイートでも何でも好きに出してクレ。いや下さい。

コメントを残す