大分混成TRPGコンベンション78[2012/04/01]

大分混成TRPG-Convention78[2012/04/01]
コンパルホール408号和室+407号和室

今日から新年度。とはいえ学校とか会社とかはまだ翌日からってことで実感的には微妙。
しかし、そんな忙しい関係か出足が鈍い。

スタートまでに遅れる連絡があった人も考えると卓数が・・・
しかし何とかもう一つエントリーがきて何とかなりました。
ありがとうございます。

今回はエントリー2,成立2でした。

1)
シナリオ:サザンの闘技場
マスター:GREY
システム:六門世界RPG 2nd
希望人数:3-5
実プレイ:5
内容:君たちは闘技場の中にいる!!

S1)
シナリオ:ウソカラーでたまごと
マスター:しが.
システム:PathfinderRPG
希望人数:
実プレイ:4
内容:ダンジョンには行かない カモ。うそあります。人数調整。LVも。

事実上どちらかしかない今回。
ついに六門が立ちました。

今回は急遽という事もあって闘技場で。
サモナーは使ってないようです。

好評だったようです。

急なお願いに対応してくれてありがとうございます。

さて問題のこちら。
普段はつけない嘘とか。

D&D系が初めての方と2回目の方が。
仕事で4月から大分を離れると言うのにギリギリまで参加して頂いて、本当にありがとうございます。
他にも仕事が急遽空いたので来てくれた方も。

そんな折角来てくれた方に申し訳ないネタ卓。

キャラクター作成。
D&D初めての方のチョイスはモンクでした。
その後ローグ、ウィザード、ドルイドと埋まって・・・
装甲の薄いパーティーの完成。
NPCは準備するもののこのバランスも見てみたかったのでこのままスタート。
反省点は後ほど。

今回は依頼を受けるところから。
今回の一番のネタでありポイントとなる所。時間もあって依頼を受けた体でのスタートですが、マスターの最初の一言。
「じゃあ真意看破を振って」
に経験者がっかり。
こんなネタ卓ということを知らずに選択肢無く来た方はごめんなさいです。

奉納用のでかたまごを山から取ってくるという流れ。
山にかかれた洞窟の入口画。陰に隠れていたアウルベア。
しかしインヴィジビリティーで足止め袋を投げフルボッコ。
助けを呼ぶも間に合わず。

その後切り立った山へ登るがこの時パーティーの筋力不足が判明。
(12,12,12,7)
登り損ねたりもしつつ、上層へ。

上層ではワイバーン。
風が吹き上げなのでインヴィジビリティーでバレてないかも・・・
まあ吹き上げなので下層に人が来ているのはわかってる。
(さらに言うと下の戦闘と登攀失敗もあるしなー)
ってなわけで位置をずらして不意打ち。
しかしウィザードのチャームモンスターが炸裂。

そして下層に先ほど呼んだ援軍を待ちかまえるも出くわしたのはブレイとブラックドラゴン。
ワイバーン+パーティーとの三つ巴戦。

ドラゴンブレスをモンクとローグがかわし(ついでにワイバーンもセーヴ成功)ブレイがくらう。
囲まれたブレイが倒れ、ブラックドラゴンにエンタングル、ウェブ、足止め袋と飛び交う中タイムオーバーで跳び去る。
結果ブラックドラゴンのたまごと宝getで終了。

今回の反省点。
すべてにおいて体力、体調面での状況が厳しかったがそれでもやるべき事がこなせてなかった。

冒頭マスター説明も不備が多かったのは確か。ネタ卓ということを明確にする事。
そして初心者フォローが不足。
初心者にきついことを伝えたつもりだったのですが変更や代案を出していない。
以前他の人がやったモンクが機能したイメージを持っていたのだが、今回は機能しなかった印象。
結果だけ見れば前線はモンク1枚のみ。
他の人との位置取りと説明したが、ローグは足止め袋で遠隔位置。ドルイドも呪文系に動いていたので連携が厳しい。
NPCを出す前にワイバーンが入ったのでそのまま進んだがもう一枚入れても良かったか。
たまたまワイバーンが当てていたが、モンクのダメージが2d6までなっていたので、エンラージを進めるべきだった。
ウィザードは力術系だったが、その他の補助呪文のはさみ方がうまかった。
ウェブも結果はセーヴ成功だが、その前のドルイドのエンタングルと合わせて撤退の主要因になった。

とはいえもう一枚入れる準備を知っていたから他の人が遠隔系に流れたと思われるのでマスターとしてのアプローチに問題があったと思うわけです。
反省するばかりです。
ネタも振り切れてなかったなと。
出せてない嘘ポイント(大物)2つ出せてないし。
うーん。

そろそろ真面目なのやろうかな。
いや、キャンペーンの方はまじめですよ。じぶんとしては。(棒読み)

イベントとして。
理由は様々ですが現状今回に関しては半分に近い人数が時間に間に合っていない。
で、この地方の小規模イベントでは遅れた方でも参加出来る範囲を許容しないと運営上厳しいと考えています。
少し前に遅刻者に厳しくという意見をもらったのですが、それをする事によって運営が成り立たなくなる面もあります。
ただし遅刻者受け入れに関してはこんこん内では当会EvilSpiritの意向が強い部分なので非難は当方で受け入れます。
その上で・・・
参加してくれる方に様々事情が有ることは承知している上で、極力間に合うようにお願いします。
一般参加を受け入れる形式なのでどうしてもお願いをするより他はないと思ってます。

次回はGWの最終日という残念なタイミング。
そんな人数を見込めない回なのに大部屋です。
400号会議室は元アートルームと呼ばれていた部屋です。
その関係上TRPGイベントでは取れなかったと思います。
100席ある3階の大会議室の真上、同規模の部屋のはず。
この大きい部屋を少人数で堪能しよう!
ってな具合で次回もよろしくお願いします。
m(__)m

“大分混成TRPGコンベンション78[2012/04/01]” への1件の返信

  1. おお、懐かしい部屋の写真がががが。

    みんな元気そうだなー。

    そして遂に、六門が立ったのにも感動した!

    遅刻者問題は私が居た頃からあったし、私は非寛容派でしたけれど、現実問題として人数不足でどうにもならないのも事実ではあるよね。

    しかし容認すると、遅刻しないで来てくれる人がバカを見るばかり。

    いっそ開場時間を10時半、開会式を11時に、プレイ開始時間を12時に遅らせるのもありじゃなかろうか。昼休憩は事実上無くす方向で。

    もちろんキャラメイクやプレイそのものの時間を現状より圧縮することになるけれど、その分濃厚な時間を味わえると思うんだ………まあ引退者からの勝手な意見として、ご笑読程度に受け取ってくださいませー。

    ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です