【こんこん】反省:こんこん45

さて、こんこんイベントに関して思った事を少々。
内部向けなのでしょうが。一応自戒の念も込めてですので。

一時期こんこんアンケートとか口頭で「内輪の話についていけない」「内輪杉て入りにくい」という指摘を受けていました。
一時(人の入れ替わり自体はあるものの)新しい人が来る波が少なかったのでさほどなかったのですが。
今回冒頭でも書きましたが、こんこん初参加が2名もいた事で見ていたわけですが。

なるほど「内輪」と取られる内容も多いのかなと思いました。

冒頭のシステム説明などに関しては以前から意識して説明や質問をしているのでここはいいのですが。
今回はさほど問題ではなかったのですが、「知っている」前提での説明をしていないか?という意識を持たないといけないなーと。

んで、閉会式。
ここの内容は知らない人を置いてきぼりにしているような気がしました。
また最近の終了遅れの流れも合わせて列車などでの帰りの時間も考慮しなければと言うことだったのですが。
閉会式で言わないといけない内容と、その後でもいいものの切り分け。
小規模のイベントなので、ある程度内輪の話が出ることは当然なのですが、その場面というのが曖昧になっているようです。
また参加者の遅刻が多いが、そこを厳しくするとより参加人数が減ってしまう。
ただ、重要なのはその場面でどういう対応をとるかの流れがかなり曖昧になってしまった事が問題なのでは。

いろいろ考えるとこんこんのイベント運営全体的にあいまいになっているのか?と思うわけです。
まあ今回は初参加者が居たのでそういった目で見直せた(そういった人の反応を見れた)訳ですが。

以前はあったパンフをアンケートと統合していますが、内容的にも知っている人前提ですよね。
また遅刻者への対応と、遅刻の際の受け入れ方とか曖昧になってますよね。
スタッフ携帯に振り分けるようなメアドでも作るとか。
座布団中央山積みはやりにくいとか。ならばどういう風に座布団を出すのか考えればいいわけで。
これと併せて入口近くに集まる傾向をいいかげんなんとかできないかとか。

まあ色々あると思うので、これを機会に考えてみるのはどうかなと思うわけです。
今に合った方針を固めるといいのかと思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です