こんこん57

大分混成TRPG-Convention[57:2010/07/04]

7月です。梅雨なので雨・・・と思いきや、朝はぎりぎり降っていませんでした。
この天候は思いのほか影響があったのか、出足は鈍かったです。
でもぴちょんくんに騙されていたあいだに人が集まってました。
だって、ピンクのぴちょんカーの上には嘴さんが付いていたんだよ!<騙

開会式前に馬さんが差し入れのおにぎり持ってきてくれました。
5月の反省からスタート前に1ついただきました。
たけのこも入ってないとの事で、安心して食べました。

初参加者や2回目の人が多数居ました。ありがとうございます。
逆にスタッフは出張などで少ない状態でした。

先月までの反動からかエントリーが少なめ。これで少なめと言っちゃうのはありがたい状況なのですが。
今回はエントリー4、成立3でした。

Master Entry Result (Koncon57[2010/7/4]コンパルホール(4/4))
(5701)今アイに行きます

卓番号
1
マスター
一二三ん
システム
Dungeons & Dragons Rules Cyclopedia
タイトル
今アイに行きます
希望人数
3~4
内容
超ド級王道ファンタジー
成立状況

実参加人数
4

(5702)なし

卓番号
2
マスター
GREY
システム
ダブルクロス3rd
タイトル
なし
希望人数
3~5
内容
「パブリックエネミー」のシナリオクラフトを使用
成立状況

実参加人数
4

(5703)夏の夢・兵の跡

卓番号
S2
マスター
しげちゃん♪
システム
天羅万象・零
タイトル
夏の夢・兵の跡
希望人数
3~4
内容
“和風ファンタジィ演技中心システム気合が大事”
成立状況

実参加人数
3

(5704)うきうきブートキャンプ

卓番号
S111
マスター
しが.
システム
Pathfinder Roleplaying Game
タイトル
うきうきブートキャンプ
希望人数
3~5
内容
“夏の水難救助 LV1又は3”
成立状況

実参加人数


オープニング

エントリーのホワイトボード

2)

ダブルクロス3rdです。ダブクロ自体も久々。
シナリオクラフトとやらを使用。そうか、こういうのもあるんだなー。
ちなみに初参加、このシステムはじめて、よくわかってない、詳しいの4名。
GREY君お疲れさま。

S2)

謎の争いの結果しげマスターが成立。
天羅万象・零というシステムはなんか大変らしい。無印はなれてるようだけど。
プレイヤーは色々出来て良かったみたいだけど。マスターはぐったりしてました。

1)

一二三んDMでD&D。文庫版。今回はこちらに参加。
しまった!くまさんが居なくなったのでこれ用のシート類全部持ってこなかったのに。

ざっくりの説明をしてから能力値を振る。
能力値は3d6*6で自由振り分け。
全体的に能力値が低い感じ。まあ3d6だしなー。
一人だけ唯一の18があったが、他は12以下という感じ。
まあ私は最高で12でしたがね。
クラス決めではシーフとドワーフが決定。
もう一人は低レベル(EXP5000)で4人なので、差が少ないだろうという判断でMUではなくエルフが選択される。
なので私は残ったクレリックに決定。
注:メモ持ってないところで書いたのでキャラ名とかは覚え切れてないッス。ごめんなさい^^。

ストーリーはほかでやる可能性を考えてあまり出しませんが一二三んのレポートが出るかもしれません。

とある村でゴブリンが作物を荒らしているのをなんとかしてという依頼。
絡みのNPCも出て、もう一枚の壁役に。
このパーティーは町などの場面では基本分割行動したがるデミヒューマン2名。
その間に依頼とか何とかな話はクレリックとシーフ。
そしてシーフはギルド関係の情報収集。
話の絡み上動けないクレリック。
まあちょうどいいので他の人に情報収集してもらおう。

初心者も居てキャラ作成から序盤にかけて時間がかかった為、終盤は少々駆け足。
まあ分散行動すると当然時間がかかるからなー。
私が雑にやってる部分をしっかり出来てる一二三んはすごいなー。
しっかりと世界観を持っている感じが伝わってきました。
ただしラストの町ではもう少々入ったところで危険感を出した方がよかったのかもと。
状況と空気感で読めなくはないのだけど、そのあたりは経験的なものなので。
もちろんその部分は面と向かってやるTRPGのいい所でもあるが。

むしろきっちり仕事をこなしてくれたシーフGJ。
ドワーフはD&D初めてっぽいので、いい経験になったと信じている。ちゃんとドワーフだったので良かったよ。
エルフの暴走は確信犯なので(略

まあ始まった時や分割行動の時はどうしてパーティーを組んだと疑問が出たが、バランス的には全員必要な所はD&Dのよいところ。

とはいえ久々の文庫で思うところも。

・D&Dのシステムをもともと知らない人にとっては成功の目が上だったり下だったりはわかりにくいポイントだと再認識。
・なぜ文庫になると必要情報がなかったり、無い気になっちゃうんだろう。マスターもマジックアイテムの値段とかが見つからないと嘆いていたし・・・
・技能ルール居るのか?と思ってしまう。シンプルな旧D&Dと3rd以降の存在を考えると文庫版のこの辺がむしろ無くてもいいのではと。
(だったら4版でいいんじゃないかとも。)
・今回の敗因は初手1Rのアタックで確実につぶし損ねたこと。全戦闘で。
・その結果、殊勲賞は「PathfinderRPG用のGM Screen」が初受賞。2人は死に損ねたと思ってる。
・あー、でもこのシンプルさや手軽さは魅力だけどなー。
・キャラクター作成が簡単だったり準備されてたりすればD&D(他Ver)もやってみたい層はまだいるみたい。

(イベントとして)今回の反省点

・今回は終了が遅れた。全体的に。

 アラーム作戦がここ数回成功していたので気を許した感じ。
 気を引き締めねば。

・最後の告知のところ、あまり考えてなかったからぐだぐだだった。

 これは私が悪いのさ。

・入口誘導テーブル作戦がおにぎり効果で逆作用。

 入口導入テーブルだけにして奥に座布団を置いて誘導する作戦も、差し入れのおにぎりを導入テーブルに置いた結果そこで人が停滞。
 ぴちょん確認後戻ったらスタッフの自分が入るのを躊躇う状況。
 奥にもう1つ、2つテーブル出す必要があるかなー。

・クーラー寒い!の意見はすごく多数!

今日は天候的に日もなく、途中雨も降ったりしていたこともあっていつもよりクーラーが効き過ぎていた。
時期的なものもあって、半そで上着なしの人が多かったので今回はきつかった。
まあ自分がきつかったのもあるけど参加者の中でも女性陣からほぼ寒い、きついとの声が。
何回か切ったが、どうやら暑いと感じていた人が毎度つけていた様子。

クーラー吹き出し口の周知もそうだけど、会場は強中弱止の4種しかなく、弱でも効いていた。
細かい温度調整は出来ない構造だ。
クーラー対策の上着とかあった方がいいよー、という周知も必要なのかもしれない。
和室なんだから位置どりはもっと柔軟に暑い人が吹き出し口近くに行ってもいいのかも。

晴れているとまた状況は違うので難しいところ。

・初参加者から貴重なご意見

あと、初参加な方にいただいた意見は改めて対応を。
・初心者が入りにくい
・初心者参加するのに必要な情報が分からない

対策必要ですよね。ここは頑張りどころ。
自戒の念をこめて書いておきます。

次回は8月1日!夏ですね。
ちょっと仕事の具合が見えないのですが、何とかなればな~と。
また来月もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です