【参加レポ】Dungeons & Dragons Annual Convention 2013[2013/09/21-22]【DAC2013】(4:キャラ作成deマジックアイテム編)

昨年が志し半ばで止まったので、今年はもうちょっと強い心で。
忘れる前に書けることは書かないと。
なのでまとめというよりは本当に自分への備忘録として恥を公開するシリーズ。

呪文編での失敗の継続となりますが、マジックアイテムです。

マジックアイテムに関するレギュレーションはこんな感じ。

・アイテム自作可能(他者の制作・譲与は1つ迄)
・購入資金は685,000gp。
・合計20個迄。消耗品(Scroll, Wandは、5つで1個、Potion, Bolt, Arrows は50本で 1個扱い)

購入金額のすごさ。さすが19LV。もちろんこれでも足りなくなるんですがね。
そしてこの20個制限がポイント。
エリクサーなどの細かいアイテムも1個扱い。スワンボートも。

さてまずは当初から当確のアイテム。

・アザーワールドリィ・キモノ(UE)

そもそも術者レベル判定に+4というイカレアイテム。キャスター必須。しかもセーヴに+4抵抗ボーナス、メイズ扱いの効果も。メイズ中はさらにボーナス+2。
欠点を探せば、柄や色が明記されるのでみんな同じ格好になっちゃうという位しか思いつかない。
でも術者レベル判定だけですよー。そこは注意。術者レベルは上がらないからね。でも強い。

・アイウーン・ストーン(橙色 三角柱 +1術者レベル )

これで術者レベルが20LV扱いに。

・リング・オヴ・ウィザードリィIV

4LV呪文スロットが倍。4*2になる。ボーナスは倍にならない。

・ヘッドバンド・オヴ・メンタル・スペリアリティ+6
・ベルト・オヴ・フィジカル・パーフェクション(+6)

能力値上昇系アイテムは当然必要だが、アイテム枠を出来るだけ少なくする為に集約されているアイテムにする。もちろん高額。
今回はフルフル+6が3能力値に入るアイテムですべてを底上げ。
能力値が上がることで上乗せされるモノが多岐にわたる事と、ボーナス種別を考えてこちらに力を入れてみた。
他のキャラは本気で1つ能力を落としたりして価格を抑えている様子。

・ブレイサーズ・オヴ・アーマー(+8)
・アミュレット・オヴ・ナチュラル・アーマー+5
・リング・オヴ・プロテクション(+5)

AC上昇系アイテムだが、今回この枠とこの額をかけた効果があったのかと言うと・・・正直失敗した部分の一つ。
これらアイテムに能力ボーナスで+5、戦闘時シールドで+4。ACは37まで上がる。
ツインキャスターのもう一人フェアラートは・・・AC19でした。
この差があったかと言うと無かったです。
もうね、前線に当てる事を想定して作られている敵には太刀打ち出来ないし、この差はあまり関係無い感じ。
そして1が出ることを期待して待てるほど安いダメージでは無いので。
今回デフレクションを使ってみたが、外れないと効果は無いわけで。
すごく高いACではじく感じで無いと返しても当たらないって事です。
相手は有効に使ってました。

防御面で言えばこちらのアイテムも。

・守護者の魔導書 Guardian Grimoire (15レベル防御術士)(UM)

毎日の呪文選択時にこの呪文書から3つ以上準備すると、アンデッドや悪の来訪者からの攻撃を一度だけ振り直し出来る効果があるのだけれど・・・
まあ振り直させてももうね。こちらも。
あくまでチャンスは一応あるが、あくまで最悪の場合のため。
まあこの呪文書に関しては呪文選択の足しにする為なので。

・クイックン・メタマジックロッド(グレーター)

ロッドを作成し、本当は色々作っておくべきだったのですが。
枠と金で断念。
この1本に。
ちなみに後述のアイテムで持つ形に。

・グラヴ・オヴ・ストアリング(UE)
・ハンディ・ハヴァサック

クイックをクイックに使う為、グラヴで持つ事に。
ハンディ・ハヴァサックは必須だろうと思いきや、筋力を上げている事やアント・ホールの呪文が2時間/レベルでこれを時間延長すると80時間持つ事を考えると他に回しても良かったかも。

・ アイズ・オヴ・ザ・ドラゴン(UE)

今回舞台が月って事で、視覚は必要かなと思ったのだが。
正直使ってなかったなー。勿体ない。

・アンフェタレッド・シャツ(UE)

シャツ枠は実は結構悩んだ。
しかし今回リング枠が埋まっていた為、フリーダム・オヴ・ムーブメントを緊急回避的に使う目的でこのシャツに。

・ジョーント・ブーツ(UE)

使ったのはこのアイテム。
1日3回5フィートステップが15フィートになるという優れもの。

・アイウーン・ストーン(虹色 紡錘形 クリーチャーは空気が不要となる )

こちらも月対応アイテム。
結局他の人は途中で入手。
アイテム枠-。

・ワンド枠
フライ
ヘイスト
ヒロイズム
ウォーディング・ウェポン
メイジ・アーマー

・スクロール/ポーション枠

ポーション
フェザー・ステップ *3
ビストウ・グレイス *3
リムーヴ・シックネス *3
タッチ・オヴ・シー *3
スクロール
ライフ・バブル *6
コミュナル・マインド・ブランク
ウォード・オヴ・ザ・シーズン(Clr4LV)(ARG) *2
ウォーク・スルー・スペース
デフレクション
ブラッド・バイオグラフィ *2
グレーター・テレポート *2

あ、このリストは現地で調整する前のリストです。
現地でちょっと組み替えたはず。
とはいえ、スクロールなどはもっと買っておけば良かったな-。

今回コストの問題で泣く泣く外したのがこちら
・ジンガサ・オヴ・フォーチュネイト・ソルジャー

 オリエンタルモドキなパーティーだったので、姿を合わせる為ノンマジックのジンガサを持っているというサイラン。自分も合わせてノンマジックなジンガサを装備。

これに呪文を追加したりのコストがかかっています。
後々のために枠を空けることに。

フェアラートが使っていたフォアサイト(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/172.html#Foresight)で不意打ち、立ちすくみをガードするってのはすごいなーとは思うものの、9LV呪文だしな。

UMDこと〈魔法装置使用〉(Use Magic Device)はかなり現実的に使える段階に来ているわけで。
別クラスのものも使えるようになるので、アイテム的にはそういったものも買わないと駄目だった。
これはウィッシュ系でのエミュレートでも同様の考えが必要。
高レベルキャスターする為には他クラスの呪文も把握しておく必要があるのだ。
うへー、そりゃ大変だ。

ついでに言えば前線キャラもUMDで主にセットアップ出来る呪文をかけていた。
自分のキャラがUMDの数値が最低だったのが何とも。素のウィザードはクラススキルでは無いってのは結構きつい。
特徴で 〔魔法の家系〕を優先したので〔危険なまでの好奇心〕が取れないという部分もあった。

あとみんなでっかくなってたなー。
もうちょっと色々調べないと。

イメージは今回行きで降りた初台駅の上で。こんなでかさなんだろうなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です