【レポート】大分混成TRPG-Convention112[2015/02/01]

大分混成TRPG-Convention112[2015/02/01]
コンパルホール408号和室

まあ毎年このシーズンは年度末近くと云う事で仕事が炎上する季節。
さらに体調面でも。
数週前に家の家庭を蹂躙したインフルA型。
しかも予防接種を副作用とかの関係で打てない私は他の人と比較してもやっぱり症状が酷かった。
ちなみに感染順は子から母、そして自分含めて他の家族の順でした。
正直パンフすら間に合うかどうかのぎりぎりの状態でしたが何とか。

やはり出足の遅さは気になるものの、まあ何とかぎりぎりアウトな時間だがマスター紹介までには人が集まりました。

そんな今回はエントリー4、成立2でした。

エントリー情報はこちら

S3)
正直今回のエントリー見たときに予想した成立卓とは真逆だったー。
しお先生のブルーローズ。

あ、でもブルーローズ知らない人も居るからなー。
とはいえまずは参加者にお題を投げてもらう投げ銭ならぬ投げ題卓。
エントリーシートにお題を書いた人がこの卓には入ってないという矛盾。
あんまりに放り投げすぎ、一つ回収出来なかったそうです。
そして愛は安定のBL展開とも。
にしても残ったお題を「しがせんせーみたいに○○な感じで強引に回収すればよかったのに」って。
どういう風に思われているんだろう。間違ってないし。

S2)
そんな不名誉なタイトル回収職人の卓です。
今回はPathfinder初の方が1名。
そんな状況でプレロールドを展開。
今回だいぶ回数をやった人がキャスターにチャレンジしたり、慣れてきてキャラ作成して来た方が持ち込みウィッチ(もう一つの選択はサモナー)を初プレイ。
回数の少ない方がファイターと始めての方がバーバリアンというパーティー構成。
一応「今回はタイトル回収に必要なので」NPCクレリックが参戦。

ファルコ(ファイター5/人間/NG/男/26)
キキ(ウィッチ5/ラットフォーク/CN/女/中年)
ヴァンダーカム(バーバリアン5/人間/CN/男/25)
ハクメイ(ソーサラー5/人間/NG/男/30)

イクシ(使い魔5/イタチ/TN/-/-)
呉さん(クレリック5/人間/NG/女/-)

今回は街中、宿を兼ねた酒場から始まる。
冒険も終わりもうすぐ町でお祭りがあるとのネタ振り。
鬼のお面をかぶった和テイストな集団が宿に泊まりに来たが先客がすでに泊まっており、町の担当者が現れ何とか別な場所を当てるというシーンから。
その後お祭りが始まりイベントの一つとして異国の風習という形で紹介されたのが、この鬼たち。
「悪ぃ子はいね~が~」「怠け者はいねがー」などと言いつつ家を回るそうです。
しかしどうやら町の方と商人の方でどちらも頼んでしまいダブルブッキングしてしまったそうです。
仕方なく倍の鬼が町に出る。
そんな夜に殺人事件が発生する。
そして過去に町のガードから仕事を請けた事があるあるパーティーが呼ばれる。
殺されたのは町の財務を取り仕切る高官。
まさかのシティーアドベンチャーにびっくりするプレイヤー。
そして交渉なども含めて魅力の無さにびっくりするプレイヤー。
「交渉だからファイターよろしく」という状況。
とはいえ現場の調査をしにいく。
ここでNPC呉さんのブラッド・バイオグラフィ(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/875.html#blood-biography)。
オニのお面を被った人に突かれて亡くなっている。
もちろんこの呪文で偽者が殺されたとかではない事の裏が取れる。
もう普通の推理系シナリオなど出来ない事を示唆する呪文の一つだ。
マスターとしてはタイトルを序盤でクリアした事に安心しつつ話を進める。

別れて調べたりしている間に襲われている人を見つけ、追いかける。
軽い戦闘をしつつ、商人側の担当が襲われていることが分かったりした。

同じ宿に泊まっている商人が呼んだ組が泊まる部屋に入る事に。
すると残っている人が待ち構えていた!
とはいえ、前線2枚がしっかりしており、さらにキャスター2枚居るパーティーにはさほどピンチにもならず(多少ダメージは出したものの)1名が早々に脱出。
他の人は逃げる時間を稼ぐ程度のがんばり。

まあ逃げられる前にガードに固めるよう指示するがあっさり破られる。
しかし逃走中の動きは抑えて、馬車で逃げるところを押さえに行く。

相手も待ち構え。準備して迎え撃つも倒し、終了。

今回は余計なストーリーとかシチュエーションなどで時間をかけたり。
そもそもボードにああ書きながらシティーアドベンチャーへと傾けてしまい申し訳ない。
タイトルは回収したと自己満足。
ちなみに
バイオ2月1日 > ばいおにがつついたち > 倍オニが突いた血
というねたでした。
・・・・・
・・・・・
みなさんはタイトルの回収など全く気にせずにPathfinderをお楽しみ下さい。<だめだこりゃ。

ちなみに逆のオニと戦闘することになるとオニのインクィジターが「悪い子は・・・」とか言いながら審判してヤっちゃう奴登場の予定でした。
残念!

忙しい時期にさしかかって毎年の事ですが全体としての参加人数がやんわり少なめ傾向。
参加してくれる人は入れ替わっている感じなので正直来月が心配。

そうです。
来月は会場が違います!

来月は「ホルトホール」での開催です!!

大分混成TRPG-Conventionというイベント自体が2005/02/27にスタートしています。
なんと丸10年。
まあ2回目まではイベントとして行っていたので月一は翌年からとは言え、続きましたね10年。
そもそも大分EvilSpiritが1989/02/11からですから26年・・・orz
そんな記念的な意味合いもあることを後付に、初めてのホルトホール開催です。

ちなみにこちらが会場のホームページ。(http://www.horutohall-oita.jp/)
大分駅の上野の森口(昔から知ってる方は裏側)から出ると正面の信号を渡った場所にある建物がホルトホールです。
会場を使うのは初めてなので、色々問題も出てくるかもしれませんがご注意願います。
質問事項とかがあったら早めに掲示板とかメールとかで連絡下さい。(一応書いておきます。)

今回参加した人は大丈夫だと思いますが、久々に来る人が今までどおりコンパルに行くとまずいです。
スタッフがどのくらい来るかによって対応が変わりますが、少ないようだと厳しい。

そんなあたりも含めて次回もよろしくお願いしますー。

※仕事とかで色々あって、熱が39度を越える日々。あまり頭が回らないまま書いています。すみません。

コメントを残す