【レポート】大分混成TRPG-Convention116[2015/06/07]

大分混成TRPG-Convention116[2015/06/07]
コンパルホール408号和室

今日は出がけにこんな靴下が。

タビ。リュウだそうです。置いた嫁は鯨が好評とのこと。

がおー。
まあニワトリの皮かぶせつつ行くわけですが。

会場での受けもそれなりに。今日はドラゴン出さない予定だけど。

そういえばフィギュアもニワトリの皮かぶせてるなーとか思ったり。

6月という事で、ここ大分でも早めの梅雨入り。
当日は意外にもさほどは降らなかった分けですが。
会場がコンパルホールに戻り、人数的にも戻った感じ。

混成初参加1名。
まあコンベンションに20年ぶりくらいとか言ってたけど、わずかに顔を知っている人が残っている。
古い人と新しい人がうまくやっていけるといいなーと思いながら平成の年号を見るわけです。(Esは平成元年スタートのサークル)

今回はエントリー3、成立2でした。

エントリー情報はこちら。(http://www.pipu.net/kc_entry/kc_number/11620150607)

1)
メタリックガーディアンは混成では初。
マスターによる紹介の時点でオリジナルシナリオを回すため、今回はサンプルを回すといういい感じのチャレンジ。
すでに次回以降の期待が!

今回別室に様子見に行けなかったので写真は撮ってもらいました。

S1)
その一方、毎度同じみ(?)Pathfinderです。

今回は初PF1名。
20年近くブランクのある人にD&Dの・・・という説明をするのも心配なほど変わってるのが心配。
間無しにシステムの変貌を説明するのも大変かも。
あとそろそろ原書を見たこと無いままやってる人も多いのでたまには原書を見せないとなー。とか思いました。
それはそれでローグを選択する。
昔のイメージでこれしか出来ないとか。
うーんと思いつつ、まあ昔と立ち位置変わってないよなと思いそのまま。

一方慣れた組はACGの新クラス(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/2194.html)で作成してきてくれたキャラクターが登場。
また新クラス説明をした所、他の人も興味を示しそちらから作成を行う。
まあウィッチに関しては作ってきてくれたキャラクターだが種族がラットフォーク。
所用あって遅れてきた方が来る頃には案の定作成は終わって無く。
作ってくれていたキャラクターで参戦。

シャーロット(ドワーフ/ウォープリースト5/CN)
オビ・ワン・シノービ(人間/スレイヤー5/TN)
レオンハルト=シクルムンド(人間/スワッシュバックラー5/TN)
ローズ(ラットフォーク/ウィッチ5/CN)
ダル(人間/ブラッドレイジャー5/TN)
アウル(ハーフリング/ローグ5/CN)

さて、舞台は古い城跡に残るテレポート用のマーキングを入れ替えて欲しいとの依頼。
通称テレマーク。まあ目印をつけつつ場所への精通度を上げるものです。
残っているとそこを目印にするやつが来る可能性があるとのこと。
しかしその依頼を言いつつ、このパーティーのアライメント構成を考えると・・・
ああ、めんどくさいパーティーだな。
まあ一応現地の地下に残る宝とかで手を打つ。

麓にはテンプルがあって・・・などの特徴を話すと・・・
何やら特定にかかる。

今回は戸次にある鶴賀城がベースなのだが、今日に限って戸次周辺またはそっち方面出自の人が半数という状態。
まあもちろん指摘通り「場所が特定できても実際の城にモンスターが出るわけじゃ無いしどうしようも無い」という身も蓋もない指摘が。
まあ面倒なのでテレマークを入れ替える場所も本丸、二の丸、三の丸に。
馬車を用意させて送ってもらい、のろしを上げたら迎えに来る行を入れつつ、のろし台を出すも無視して上に。
この辺りはもはや予想通り。
先へ進むと謎の倒木。

くぐって通れそうだが調べる事に。
切り口を調べると何者かが切った感じ。
ここで調べつつ、音などで何かがいる事を察知したパーティーが身を隠しつつ調べると・・・
下側のカベ沿いにはアンケグ(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/193.html#ankheg)が。
よく考えたら平地のモンスターだけど、まあ現実に虫(アリ)が多かった所を表現。
逆の切り立った崖側にはゾンビが1体。
何かひもが巻かれている描写をする。
まあ最近はひもを巻くとかいうと何やら特定の事を思い出してくれておかげで(トラップ作る側には)ありがたい。
まあゾンビ一体程度よりアンケグに注力して倒す。
ゾンビはアクション的に近づいてくるだけとなるが・・・
びょーんと上に伸びているひもが張って鳴子が鳴る。
駆け抜け系パーティーはゾンビとか無視して進みそうだがそこでトラップを発動させるための倒木。
シンプルかつアナログ。案外受けは良かった。
取材の効果か(?)

上に上がると何やら人っぽい何かが。
本丸に上がる側にはキャスターっぽいのも。
逆に穀物倉があると書かれた方向からも音がする。
パーティーは色々起きる前に駆け抜け、本丸キャスターへのアタックを。
ローズのスティンキング・クラウド(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/166.html#Stinking-Cloud)が3キャスター中2キャスターに効き、まあほぼ戦力外扱いに。
ボス級のキャスターがなんとかするも、詰められる。
その間下では穀物倉から来たヒルジャイアントとカラス。

実際のこの場所では非常にカラスが多く、移動する度にマークされていたのです。
言語は分からぬが他方の仲間に伝えたり、何やらもの落として来て様子を見たり。

二の丸側の敵(鳴子が聞こえてくる敵)とが争う構図。
正直お互いがフルフルの殴り合い状態でヒットポイントの大きいジャイアントが殴り勝つ感じ。
しかしそのジャイアントにグリッターダスト(http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/122.html#Glitterdust)が決まる。
多勢に無勢で引き上げるカラス。
ジャイアントは方向がわずかにズレ、とどめを刺される。
上の方のキャスターの一人が死を覚悟して機会攻撃を受けて崖を転がり落ちる。
それを見てボスも脱出を試みるがレオンハルトがスタイリッシュにとどめを刺す。

そんな感じで敵を一掃。
無事に依頼を完了しましたって感じで終了。

前回書いた作り置きを作る時間がやっぱり無かったのですが、作成してきてくれた方が!
本当にありがたいです。
他方5LVを続けるには色々ネタ含めて厳しさはあるので今回のジャイアントのようなやり方も併用していきます。
トラップの受けが良かった。シンプルかつローコスト。
今回は鶴賀城を選びましたがまだネタに使うためにアップしてない場所があるので随時出していく感じで。

場所的にはやはり2部屋体制は管理上良くないですね。
声の面ではいい方向になるものの、管理仕切れない体制も厳しい。
そしてスタッフが職場からの緊急呼び出しで減る(ヘルと変換されたがあながち間違ってないかも)。
また今回は会場事務処理が遅れて色々運営的に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

来月7月は5日。
大分の方では長浜祭りが初日。
車混むかもしれません。主に帰り。
そんなこんなもありますが、来月もよろしくお願い致します。

コメントを残す