【参加レポ】Dungeons & Dragons Annual Convention 2016【DAC2016】(2:10月8日)

Dungeons & Dragons Annual Convention 2016[2016/10/08,09]
国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室

DAC2016初日である10/08の分です。

[2016/10/08]
まずは初日。
会場も初めてというTOKIさんに説明も兼ねて同室3人で食事に展望レストランさくらへ。
早く行かないと混むというイメージだったが全然余裕で待ちなし。

曇ってスカイツリー辺りも若干霞みがあるが見える。手前の森を見ると東京感は無いが、やはり先の景色が違う。

(和食)

(洋食)

朝は和食か洋食かを選ぶ形。
飲み物はセルフ。お茶、ジュース、牛乳、コーヒー、紅茶。
洋食用のバターやジャムも。
500円でこの充実ぶり。
量を取るならバイキング(カフェテリアふじ)だと思うが、自分には適量。
景色も見れて、今回のように空いていると超快適。
dac2016期間中は朝昼すべてここを利用することになった。

会場設営準備があると会場へ向かうもすでにテーブルは出来ていた。

会場の国際交流棟へ。

会場。

今年は会場内のみ案内を立たせる形に。なので過去参加したときほどの人数はいらない感じ。
この時点で雨が降り始めていた。写真は昼の時点でのものです。

今回は立たずにオープニングを見せてもらうことに。頭から見るのは初回参加以来かも。
つまりこれまで撤退失敗しているのか。

会場入りするとマスターの位坂さんがすでに準備中。

しかしすでにトラブルが発生していた。
Windownの更新グルグル状態というブルースクリーンだ。
位坂さん卓はサブモニターでキャラクター状態表示を毎回行っている。

他にも準備物がしっかりしていて、シナリオ用のマップやイラスト類の印刷物、ダイストレーはプレイヤー用も複数準備。
フィギュアや差し棒、イニシアチブボードも正体不明のキャラを隠す仕掛けも考えている。

毎回遠方でもこの準備。本当にありがたい。
それだけにWindows更新。ああWindows更新。今じゃ無いだろ。

その後プレイヤーも着々と集まってきた。

yohさんが到着。
席を決める際にイニシアチブ管理とかが必要な枠が。
今回はファイターと言うこともあってイニシアチブ管理をしていただけることに。
以前参加時に宿泊部屋で話す機会があったが、今回お話して同じ歳の同じ月生まれの子供が居るということで色々あるあるトークが。
あちらは先週運動会だったんですって。裏山C。

今回の卓で初めてプレイする人はyohさん、オカさん、へんくまさん。
elpisさんはDAC2014で同卓になってたはず。
初めてDACに参加した2011年の初日のマスターが梅酒さん、2日目が位坂さんだったのです。
掲示板でのやりとりを1ヶ月以上やっていた事もあって、初めての人も居るとは言いつつもスムーズに入れる感じ。

今回参加する卓は【W-07】『灰の饗宴』- Feast of Dust[Pathfinder RPG・両日]
2日連続で行う卓に入りました。
シナリオに関しては
Pathfinder Module: Feast of Dust (PFRPG)

(http://paizo.com/products/btpy9grq)

を2日で出来るよう調整を行ったものとのこと。

一部改変はあるとの事ですが、公式モジュールですのでネタバレ注意であります。
とは言え色々うろ覚えのまま書いてたりするので。

今回は卓のメンバーに同意が取れたのでカメラを回しました。ありがとうございます。
せっかくカメラ回しましたが断片的に切れてるところと声が聞き取りにくい部分もあり。
しかし本当に素のまま撮ったので、2日で10GB越えてますが。後が面倒ですね。

なおスタート時点では10LVで翌日11LVとなります。

キャラクター名:アライメント:種族:性別:年齢
PL番号 :PL名  :クラス :キャンペーン特徴

マグヌス:TN:人間:男:25
PL23 :yoh  :ファイター(両手武器使い(APG)) :〔再起する英雄〕
-> http://sub0000543203.hmk-temp.com/public_html/dddbpf/OUTPUT.php?ID=3412

アグラミア:NG:ゴースト・エルフ::中年
PL84 :梅酒  :ウィザード(混合の系統(APG)[対立:死霊術,幻術]/巻物使い(UM)) :〔特異の生まれ〕
-> http://d.hatena.ne.jp/xph/20160921

アリティアン:LG:アアシマール::中年
PL101 :うら  :オラクル時の神秘(UM)アーキタイプ:魂の導き手(ACG)) :〔無双〕
->  http://sub0000543203.hmk-temp.com/public_html/dddbpf/OUTPUT.php?ID=3428

マーシⅡ:NG:ハーフリング:男:若輩者
PL120 :Shiga  :クレリック (慈悲深き癒し手(UC) :〔運命の加護〕
-> http://sub0000543203.hmk-temp.com/public_html/dddbpf/OUTPUT.php?ID=3425

リーフ:CN:ティーフリング::
PL132 :elpis  :インヴェスティゲイター(経験論者)(ACG)/スワッシュバックラー(鬼才の剣士(ACG)):〔ダイモーンの血統〕
-> http://sub0000543203.hmk-temp.com/public_html/dddbpf/OUTPUT.php?ID=3415

サイファジャール:NG:ケレッシュ人:男:30
PL402 :へんくま:ウォープリースト :〔聖剣の守り手〕
-> http://sub0000543203.hmk-temp.com/public_html/dddbpf/OUTPUT.php?ID=3417

(敬称略)

キャラクター作成のレギュレーション及びキャンペーン特徴、翻訳データは掲示板で。

今回の舞台、カディーラ (http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/557.html) のメラズ砂漠 Meraz Desertにあるディマイェン Dimayenへ向かう所からスタート。
事前のキャンペーン特徴を元にまずは町へ来た理由辺りから説明がはいる。
そして謎の疫病が蔓延しているとの情報だが、向かう途中に怪しい聖印を売る人に会う。
情報を聞きつつも、魔法的ななにかでもない事を確認。リーフがその聖印を購入してみる。

太陽をパックンしてるジャッカルというサーレンレイ的にはどうにもというシンボルだが。

個人思想の部分もあるのでその他は話を聞きつつ、スルーする。

町へ着いてサーレンレイ寺院も気になるが、先にサイファジャールの叔父の家(書店)へ向かい情報を聞こうとする。

しかし早速家の前でジャッカルとかに襲われる女性が。

ブレス吐くシャガールというワンコ風の敵も。
何とか倒すも大変な物を見つける。
「ボーンシジル」なる古代語の刻まれた骨。

これは「灰の饗宴(Feast of Dust)」と呼ばれる伝説の呪いとのこと。

即座に飢餓状態になり、通常の食事では飢えを満たせず、手に持った食事も灰となりチリと化す。
24h毎に2d6の非致傷ダメージを受けろ。自然治癒も魔法的な治癒も受け付けない。
非致傷ダメージがHPの半分になったら【知】、【判】、【魅】-4。【筋】+4の不浄ボーナスで移動力が+10feet。噛み付き攻撃を得る。
そしてメラズ砂漠へ旅立つ。
この呪いはウィッシュリミテッド・ウィッシュミラクルでのみ解呪できる。ブレイク・エンチャントメントで呪いの進行を1日遅らせることができる。
リムーブ・カースでは不可。
最終的にはアンデッド化するようだ。
この骨、壊す(割るというか噛み砕くとか)で発動するのでファイアーボールとかでファンブルが出ると危険!と感じ、マーシ所有のハヴァサックへ。

女性もお礼を言うが咳をしている。すでに呪いの影響下にある様子。

そういったのを含めて知識判定で情報を確認していたところ、中から大きな音と共に「隊長~、お気を確かに~」という声が聞こえる。
中に入ると傭兵隊長が明らかに「灰の饗宴」の影響を受けている。そして兵士の首を噛み付き血を流している。
傭兵たちとは知り合いなマグヌスに「隊長をとめてくれ」と。

早々に《呪文霧氷化》フロスト・フォールよろめき絡みつかせ、さらに足払いで転ばせて非致傷ダメージで気絶させる。

彼らは町の支配者層である ホワイトウォーター一族から借金の取立てに来ていた所。
その際、隊長は地下へ向かったがこのようなことになったとの事。
この書店には地下があり、トレーニングルームとなっている。
遺跡探索者を育成する秘密施設だそうな。そこに何かがあったようだ。

パーティーとしては「すごく嫌だが確認せざるを得ない」という状態。

目を覚ました隊長だが、マグヌスにこれで止めを刺してくれとダガー・オヴ・リポウスを渡す。
パーティーの判断としては解決策を探すのでまだ殺さないと判断。まずは調査を行う。

胡散臭い手紙を見つけたりする。

そして地下へ。

突入前、バフを使うかリソースを残すかはキャスター陣が悩む。
そのまま入ると書店の店員が。早々にだます気満々。
奥で盗賊が矢を構えて待っている。

実はすでにグールになっている状態。
店員はドレッドグールという上位のやつだ。

アグラミアの幻惑化ファイアーボールとエネルギー放出で雑魚グールはある程度倒す。
透明な奴も巻き込んでいるが透明なまま幻惑化。

前線が前に詰めるとさらに奥に敵が。

メラダイモンだが、こいつも幻惑化していた。

すこし余裕感が漂ったところだが、さらにテレポートインしてきた敵が。
グレーター・クストゥーダイモンが入り口側と奥側登場。
グリッターダストクストゥーダイモン ごと巻き込み、フィーンディッシュインビジブルストーカーとわかる状態に。
アリティアンがウェポン・オヴ・オーを サイファジャールへかけつつ時の跳躍で入り口側の敵に隣接させる。
イニシアチブ順的に サイファジャールが熱狂でディヴァイン・フェイヴァー発動からのフルアタック。
クリティカルあり、ファンブルをカード振りなおしてのアタックで倒す。
マグヌス、リーフで一気にクストゥを倒し、次のラウンドに向かう。
その時さらに奥から、

フライングウィンドウグルというグル。ジンが呪われて誕生したそうで。

そしてジャッカルプリンスが登場。神話級ダイモン

そしてせっかくダイモンにかかっていた状態を解除されてしまった。そして急ぐと言われる。
イニシアチブでも30以上とアジールテンプレート、いわゆる神話級。2回目がある上それも20との事。
4つのアーティファクトの一つ、「貪欲な刃」を持っている。

元々は「清浄なる刃」というアイテムだったが、ジャッカルプリンスを封印するうちに呪われたアーティファクトとなった。
彼に殴られると 「灰の饗宴」に感染する恐れがある。
神話級のガシアス・フォームがかかっているので呪文の対象に出来ない。範囲呪文は半減。

そして悠々とパーティーの間合いを通り抜けていく。
さらに群がりによる4d6ダメージ。
マグヌスはスウォームベイン・クラスプを持っているので。
これをもっていると攻撃も可能。ただし非実態なので半減。
ディスプレイスメント50%も。
4d6は10点。

サイファジャールの前を通り止る。
サイファジャールは「また封じてやるぞ」というものの、
サイファジャールの手の甲にメラズの守護者の証となるマークが浮かび上がる。

ダイモンに対してのボーナスがくるが、ダイモンの近くで必ず反応し見つかってしまう。
サイファジャールに対して、まあジャッカルプリンスは余裕で対応。
セーヴ、1回目失敗でわずらわしで吐き気、2回目は例の病気。
そして機会攻撃が当てられないのをいいことに転移攻撃という周りをディメンジョンドアで飛び回りながら攻撃してくる。
それもクリティカル。
107点・・・さすがにやばく、割り込みで回復を入れて安定状態で気絶に。
ヴィジュアリゼイション・オブ・ボディ(Visualization of The Body ))耐久力が落ちるため、ぎりぎりでとどまる。
そしてメラズの守護者マークの絡みもあってテレポられた。
この間わずか6秒。
(あと2点入っていたら死んでいたそうです。)

「向こうでだんなのやばい声が聞こえた!」
「大丈夫か」
とリーフが語り掛けつつ、マグヌス、リーフが淡々と残りをアタックする。
マグヌスが疲労状態に。
アリティアンがマグヌスをキュア。
さらにマグヌス、リーフのアタックで何とか倒す。

>>>なおここの休憩の間に阿蘇山噴火で灰のかかった車と運動会で貰ったメダルをかけた息子の写真が届く。

後ろでワンド回復を着々と行う中、先の情報が。
奥に魔法円が。調べるとノンディテクション、召喚術lも。
魔方陣に関して調べると邪悪なものから何かを隠すために使われていた様子。
まああの剣かなと思いつつ。
その間にワンドで全員を回復。

なお翌日になるに当って一人20,000gpという破格のお金が手に入ると。
途中で見つかるアイテム類などを考慮してだが、このあたりで処理を軽くするためにこういう措置となった。

地上へ戻るとさらに荒廃が進んだように感じる。
その間に隊長は病院でもあるサーレンレイの寺院「 溢れる喜びの寺院 」へ運ばれる。
そんな隊長の状態を確認するべく、パーティーも寺院へ向かう。
金箔ははがれているものの、見事な彫刻もありまだ威厳を保てている様子。
ただし、中のベッドは患者でいっぱい。溢れている人たちは路上で。
彼らは縛り付けられながらうめき声やうなり声をあげている。
5人の牧師が忙しく動き回っている。
聞くと隊長の様態は芳しくないとの事。
事前情報で行方不明(逃げ出したとの噂が広まっていた)アラコール=ショーナー大司祭はホワイトウォーター家に呼び出されている状態との事。
ホワイトウォーター家に行くのなら、とにかく清潔な水とパンが必要としている旨伝えて欲しいとお願いされる。
ここは幸いコンセクレイトがまだ機能している状態との事なので、ここでボーンシジルを破壊する。
塵となりました。
この骨を見たことがあるかを聞くと「いたる所で」との回答。
サイファジャールから「この骨を壊してはならない。ここに持ってきて壊すように。」との宣言が。
衛兵たちにも伝えてもらうが・・・実際使うのはジャッカルかシャガールで自分たちで骨を噛み砕いて使うという自爆テロを行っているそうだ。

情報的にホワイトウォーター家につながったので、そちらへ向かう。
ここでは押し寄せる民衆を衛兵が抑えており、懲罰でもあったのか今では遠巻きに見ているような状況。
キャンペーン特徴〔無双〕のアリティアンが声をかけ、中に入れてもらえる。

この中は水の不足している外部とは違い、水もあって中央に池まである。
リーフが水まで盗む発言をしつつ、代理人との話に望む。

町の有識者を呼んで協議を行っている、またジャッカルプリンスについては知らないとの発言。
実際にこの代理人は知らない様子。(知識判定で1を振った。)
サイードは債務のため、懲罰房に入れられている。借金の帳消しの変わりに協力を求めたが断ったとの事。
呪いを解くために必要ということで、話をさせてもら得ることに。
どうも独房に入れられた後に、息子が金ならあると言ったようす。そして先ほどの取立てにつながる。
まずはジャッカルプリンスが復活した事を伝える。
サイファジャールの「俺も首の皮1枚で死にかけたぜ」の発言にはみんな「本当にね」「本当にね」「あれは半端無かった」と。
ジャッカルプリンスを何とかする方法についてたずねる。

その前にホワイトウォーター家から求められた協力内容は、封印していた刀だった様子。
動かすことは出来ないと断ったが、息子は金になるととりに行き、のっとられたようだ。

7000年前にメラズを砂漠にした4つの先触れ(4騎士)の一人がジャッカルプリンス。
何とか封印するのがやっとだった。そしてそれ以降はメラズの守護者としてこの地にいる。
それはサイファジャールの印となって現れた。(どうもサイードにあったが、移った様子。跡が白く残っている)
アーティファクトを使って封印したということだが、その刀はジャッカルプリンスが持っていってしまったのだ。
長い期間封印し続けたことで変質してしまっているが、封印する能力自体はまだ残っているとの事。
その刀を持っていかれているが、サイードはまだ手があると言う。
かつて封印したときも他の3つのアーティファクトを使って動きを封じたとの事。

・ハエの外套
・虐殺の手花(ハンドパワーオヴジェノサイド)
・死に水の水筒

ハエの外套はリーフが因縁がある。(詐欺師に奪われた)

当然ジャッカルプリンスも自分を封印されないようにこれらのアイテムを狙っているだろう。
虐殺の手花はグルのアンティパラディンが持っているという噂。
死に水の水筒はノールの部族が持っているとの事。

イブヒリスという詐欺師の話も知っている。家にあった手紙を見せると怒りに震える。
今は病気を治すとか・・・それだけで、どれだけの人が金を出すか分からない。
怪しい聖印売りを思います。

ここから情報収集へ。
本屋と町への調査の二手に分かれる。
本屋のほうではアーティファクトの情報が分かる。

効果
ハエの外套 :対象の呪い、毒、病気の効果をリムーブ・カースブレイク・エンチャントメントリムーヴ・ディシーズがかかったように対象を癒す。(1日3回)
ただし、着用者がかたがわりする。クローク・オヴ・ディスプレースメント。頑健+2、意思+2だが病気は-6.
頑健ST DC18に失敗するといずれかのランダムな病気にかかる。
さらにダイモンに対して霊的な網として機能し、ディメンジョナル・アンカーとして機能する。

悪でないものが着ると恒久的な飢餓となる。

虐殺の手花:これを使ってつかみの戦技判定に成功すると自動的に窒息させ、その間に相手にかかる呼吸、飲食に関するセーヴは自動的失敗。
【筋力】+2の不浄ボーナス、裏技と組み付きに+4、タッチでマーダラス・コマンド
精神集中すると周囲5,000フィート500マイルで行われる虐殺を感知。
マーダラス・コマンド を使わずにつかみに成功すると、1d6ラウンドの間相手のセーブを失敗させることが出来る。
負のレベル1がつく。

死に水の水筒:ステュクス川の水が入っている。(【知力】へダメージ)胸に装備。
【知力】+2不浄ボーナス、デカンター・オヴ・エンドレス・ウォーターとして1日5回使用できる。
命中し、意思DC18に失敗すると知力1d4のダメージ。
これを飲ませることで憑依されている者は、来訪者から引き剥がすことが出来る。

マグヌスが言った「ステュクス川水鉄砲」という言葉がピッタリ。

交渉のほうはアリティアンが1を振っても27とか。
情報も収集+星カードでノールの部族はグルのアンティパラディンにつれてこられている状態。
ほか情報もあわせてあの詐欺師の言っていた2日ほど行った先(スカラベ様の祭壇)へ向かうことに。

ファントム・チャリオットコミュナル・エンデュアエレメンツなどの準備をしてスカラベ様の祭壇へ向かう。
見えてきた位置で10分バフ系をかけるとともにマップが展開される。

前線にマジックサークル
巻物使いのアグラミアがヒロイズムをサイファジャールへ。

途中の出来事
・途中襲われたキャラバンを発見した。兵士たちはグールと化していたが、速度が追いつかずそのまま。
・また途中にどこかへ向かうグールの群れを発見した。おそらくジャッカルプリンスの現在住んでいる場所へ向かっているはず。

目的地へ到着。
山をくりぬかれた形で作られており、祭壇がある。

壁からなにやらズズいと出てくる。
なんと ハエの外套を着ている。
偽装しているが、シールドガーディアン化したクレイゴーレム
このゴーレムに良く出来たスカラベ様仮面をつけて、外套と合わせて偽装している様子。

「我は偉大なるスカラベ。汝らよ、苦痛の末にたどり着いたのならばこちらへ来て恭順を示すがよい」
という威厳のある声が聞こえる。
聞いた事のあるリーフはイブヒリスの声と判別できた。

しかし1マス5フィート(階段アップも)の移動困難があるため、どうやって近づくかを算段。
前衛はディメンジョンドアで移動しようとなる。
その前にバフを一気に発動。
モーメント・オヴ・グレイトネスグッド・ホープそしてヘイスト、サイファジャールはディヴァイン・フェイヴァーを自己バフ。コミュナル・ストーンスキンは前線3人に。
マグヌスはファイター呪文ガンバルを発動。
ポジションを取ったところからホットスタート。

敵はアダマンティンと殴打の減少あり。50%ミスチャンスあり。結構厳しい。
合わせてゴーレムなので魔法に強い。

グリッターダストで盲目化してアグラミアは離れる。
サイファジャールは星のカードを使ってぶっちゃけで今日はこの場面での戦闘で終わることを確認した上で、神話能力を発動させる。
しかしトゥルー・シーイングが無いのが痛い。レベル的にクレリックなのだが、ブレイクエンチャントメントなどに割いて持ってきてなかった。
クリティカルチャンスな攻撃もかわされたりする。
(´-`).。oO(ゲーム中よく聞いたスレッドってクリティカル領域のことかなー ・・・・・・・・・)

敵からはオブシディアン・フローが飛んでくる。
しかし前線の頑張りでゴーレムを倒し、敵が捨て台詞を吐く。
そして奥が幻影の壁であることが分かる。
即効外套を回収し、「ハエの外套はこの盗賊リーフが盗んでやったぜ」のせりふが。
味方からも「完全に強盗だったな」「力技でしたね」の合いの手が。

奥へ入るとイブヒリスやその他敵が。

4体がディバイン・パワー(クレリック4LV呪文)を使い、みんな嫌な顔をする。
さらに4回負のエネルギー放出をする。
さらにファイアーボールも重ねてきた。
アグラミアの《かすめ飛び攻撃》での移動で知識判定。

狂信者(ウォープリースト10)と
カメレオン(バード11)、
ノール(バーバリアン8)パックレイジャー。
イブヒリスは人間(ソーサラー10)。

《呪文幻惑化付与》 ファイアーボール をかけるも相手のセーヴ結果は半々くらい。
前線がダメージを大きく食らう中、後衛は移動に時間がかかり回復が届かない。
そんな中前線が前に詰めてくれる。《踏み込み》でのポジション取りも効き敵の数を減らす。
アリティアンは時の跳躍で瞬間移動、カードも駆使して回復を行う。

マグヌスに相手バーバリアンが武器落としを仕掛けてきたりしたが、グラヴズ・オヴ・デュエリングで完全耐性があることが判明。
仕方ないのでサイファジャールに仕掛けて落とす。
マーシはとにかく移動。

イブヒリス「おのれノール、なぜ守らぬ」
ノール「お前はもう用済みだ。まもなく女王が到着だ。」

というやり取りもあり、マグヌスの追尾による機会攻撃をうけつつ イブヒリスはグレーターインビジ
アグラミアのタイミングで巻き込まずに撃てるエリアが。
本のカードで取り戻しをつかって 《呪文幻惑化付与》 ファイアーボール
さらに鍵のカードを使ってイブヒリスにグリッター・ダストを使う。(鍵のカードを使ったので次の行動はなし)
リーフはイブヒリスに「イブヒリス!逃げんじゃねーぞ!」と言いつつもアリティアンが厄介かつ機能していたディスプレイスメントディスペルするのでそこまで待ち。
アリティアンは槌のカードを使いつつディスペル。がっつりはずす。
そしてリーフ「お前の化けの皮も全部はがれた。」挟撃位置に移動し、即効アクションで心意気を使い精密打撃のボーナスを倍にする。
このアタックで倒し、「お前の命を盗んでやったぜ」
イブヒリス「おのれ、私の砂漠の王国の夢が・・・潰える」といって事切れた。

ここで1分間の時間が。星のカードで戦闘継続ということが分かったので、切れてしまう1分系バフのかけなおし。
ヘイストなどもきれるので、ブレッシング・オヴ・ファーヴァーを。
あとアグラミアはミラーイメージのキャスト。
また敵がすぐ来ると分かっているので、ワンドではなくエネルギー放出で回復を入れる。
またコミュナルレジストエナジーも[火]で。
アグラミアのエレメンタル操作の能力で30フィート以内にくるエネルギーダメージがすべて[火]に変わるコンボが。
リーフはハエの外套を着用。

すると遠方から巨大な爬虫類が飛んでくる。アーサックだ。背中にはノールが乗っている。
やはり歴戦のプレイヤーたち、即効「 アーサック !」「[音波]出してくる奴だよね。」「サイレンスで盲目扱いでしたっけ」
サイレンス はパスファインダーになって使いにくくなったしね」「発動に1ラウンドかかるし」「レベル毎ラウンドになっちゃったし」「クレリックしか使えないし(バード居ないから)」「 サイレンス スはスロットに1っこあるんだけど・・・(この戦闘パターンだと)使いにくいなー。」「(サイファジャール)自分へのキャストは即効で出来るから、自分にかけて近づきますって言えるんで」 と反応が。

フライエアウォークが前線に。飛行スキルがあるかどうかで使い分け。
サイファジャールはライチャスマイトで大きくなる。

その他の敵は弓兵(アンデッド化)、ファイター10、ノールのバーバリアン、クイーン(ノールのクレリック11:ラマーシュトゥ)。

まずは片側をファイアーボール。ダメージが走る。
集中して アーサック を倒す。
弓兵が機会攻撃を与えずに束ね撃ち+速射+致命。
その後次ラウンド頭で内部側に何者かがテレポートインしてきた。

ディヴァウラーグルアンティパラディン
かすめとびで内側に居たアグラミアが発見し
「こんなところに居られるか!アーサックの居ない今、俺は・・・大空へ!(笑)」
ちなみノールクイーンは死に水の水筒、 アンティパラディン は虐殺の手花を装備している。
アーティファクト持ち2勢力による挟み撃ち。
星のカードでここに集結した理由が。
実はこの奥に書店と同様に隠す場所があったそうだ。
ジャッカルプリンスに渡すまでの間、呪文による感知から逃れるために使う予定だった。
イブヒリスはだまされており、周りの側近などはすべてジャッカルプリンスの命で動いていた。

この状況を考え、アグラミアはウォールオヴフォースで内部側を塞ぎ1ラウンド稼ぐ。

呪文選択時に外すか悩んでいたのだが、
アグラミア「外すなんて何を言ってたんだ。悪い夢でも見ていたようだ(笑)」
GM「フォースを信じるのだ(笑)」

その間にリーフが前線アタックし、一気に2体倒す。
サイファジャール「ついにリーフが命まで盗み出した」
ディヴァウラー 達はディメンジョンドアで壁を越える。
表階段逆側の敵はスローも効き、ほぼ戦力外となる。
しかしマグヌスにハームをかけてくる。
カードの振りなおしも失敗し、HP残1となる。
さらに高速化負のエネルギー放出を重ねてくる。
前線の回復を。キュアクリティカル+放出。
マグヌスが即効で起き上がりフルアタックでクイーンを倒す。

サイファジャールが内部へ回り、クリティカルも含めて倒す。
アグラミアの 《呪文幻惑化付与》 マジックミサイルもセーヴには成功される。
リーフが表側の片方を一掃。
その間にダメージを食らったサイファジャールをアリティアンが、マグヌスをマーシⅡが回復。
マグヌスは裏に回り ディヴァウラー へクリティカル。さらにくい打ち。そしてその機会攻撃で一気に倒す。
そしてサイファジャールがフルアタックでクリティカルを入れて2体倒す。
残りの敵によるフルアタック+引き裂き。複数居たら危ないダメージをたたき出す。
折角上がってきた残り組みにはアグラミアの威力強化 ファイアーボール が入る。
サイファジャールをアリティアンが、マーシⅡがエネルギー放出で回復。
マグヌスが倒したところで投了。

これでジャッカルプリンスを倒すためのアイテムをゲットした。
そして虐殺の手花を使うと敵の本拠地が分かる。
敵の本拠地はこのメラズ砂漠でもっとも虐殺が行われている場所だからだそうです。
リーフ「虐殺を盗みにいくとするか」
そんな感じで敵の本拠地へ向かう・・・の前に手に入れた20,000gpで準備してからね。

閉会式までは消耗品の確認をしつつ、何にするかを考えたり。
ちょっとだけ会場の展示も回る。

そしてプレイ的には翌日へ続くー。

懇親会ではとりあえず食事を優先して進めつつ。
やはり大分から来たというレアもの感は出しつつ。

さらに2次会にもお付き合いさせていただく。
参宮橋駅近くの店に結構な人数が。
お通しの煮物が非常に旨い。
そして東北の方などとも同じ卓でお話できた。
DACでも無ければ中々接点をもてない方が多いので、それはそれでうれしい限り。

風呂の時間があるのでぎりぎりに戻り、何とか間に合わせる。

その後アイテムと呪文を悩むが・・・力尽きる。
むにゃむにゃ。翌日へ続く。

“【参加レポ】Dungeons & Dragons Annual Convention 2016【DAC2016】(2:10月8日)” への2件の返信

    1. 本当はもっとまとめて読みやすく出来たらいいのでしょうけど、もう垂れ流しで書くだけで時間かかっちゃうのでこんなもので。
      ただ呪文とかモンスターとかせっかくの体験を残したくてこんな感じで書きました。
      読みにくいかもしれませんが、周りの猛者達がすごかったというのが伝わればいいなーと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です