【レポート】大分混成TRPG-Convention139[2017/06/04]

大分混成TRPG-Convention139[2017/06/04]
ホルトホール大分402号会議室(和室)

ドーモ、カッパノヒトです。

ホワイトボード争奪戦の為、8:30頃に受付に行くがすでに4階では2番手という厳しい状況。
しかし今回はホワイトボードを死守。よかった。

梅雨に入ると思いきや、すごくいい天気でした。
そのおかげか今回も多く集まって頂きました。

今回は初参加者が4名も!
いやー。ありがたい。
特に今回はクトゥルフしか知らない人も居たので、エントリー状況が心配だったのですが。
クトゥルフは無かったですが、周りのサポートがしっかりあったようで。
これも本当にありがたい話です。

そんな今回はエントリー5、成立4でした。

エントリー情報はこちら

正直2が卓立たないのは予想外。上限人数の絡みでこうなったそうです。

1)

意外にもSRSシステムが初めてという人が多かったとの事。
キャラ作成が想定より時間かかったとの事。

3)

天羅でお宝探検シナリオをやろうと試みたこの卓。
結論は「ムリでした」
っていうかやっぱりボス倒しにいくシナリオが一番あってる。
「ですよねー」
あとPC,NPC含めて全員男でした。という男祭りだった様子。

S1)

前回2.0祭りがありましたが、今回は文庫の方。完全版でも無いヤツ。
このシステムでも今時のシステムと比べると煩雑に感じるとの事。
でも経験者も居て旨く回してくれた様子。そしてゲテモノ料理爆誕。

S2)
そしてPathfinder卓。
立った。
初参加の方が2名も!

今回は一応の準備はあったものの、キャラクターを作成を行うのです。
幸いクラス説明を簡単にした所、やりたいクラスを早い段階で絞ってもらえたのでスムーズに。
パラディン、バーバリアンとしっかりとした方向性のあるクラス。
コレを受けて、もう1名がレンジャーを選択。

自分はプレイヤーとしてのキャラクター作成に乏しいので、el museさんにサポートしてもらいながら初心者の作成に。
早い段階でイメージが出来て予想より早い作成となった。
ハーフリングのパラディンで鈍足でも防御固めて移動は馬に頼る。
バーバリアンの方も早かった。
割と普通に冒険に出ることが出来ました。やったね!

・アシュラマン     ハーフエルフ/中年/男/TN/サモナー5
・アキレス     ハーフオーク/若/男/CN/バーバリアン5
・クインシー     ハーフリング/若/男/LG/パラディン5
・クライド     ノーム/中/男/TN/レンジャー5

(NPC)
・テンナン     ハーフリング/若/-/NG/アーケイニスト5

なお今回はサモナーも含めてUnchaindでは無いです。
DACなどを見ると当然ですが通常版サモナー(APG)はレギュレーション的に使えない所が多いです。
でも折角作ったキャラを使わないのは勿体ない。どうしてレギュレーションアウトなのか。

でも折角作ったキャラを使わないのは勿体ない。どうしてレギュレーションアウトなのか。
これは体験しないと分からない話。なので今回は思いっきり火を噴いてもらい、供養しようと許可しました。
まあ見てみたかったし。
(´-`).。oO(もし日本語版展開が順調に行ったら、APG出た時点でこの問題は出るだろうし。)

ここ最近砂漠とかそんな敵が多かったので、それに対するアイテムを作るため虫(スカラベ)を捕まえてきてほしいとの依頼。
そう、オープニングでちょっとネタ的に話した「夏だ!チーム・カブトムシの歌」はこの事でした。そう、「今日は6月4日、虫の日です。」
歌詞を書くとどんな小さいサイトでもJ何とかが取り立てが来る事と存じておりますので書きませんが。
まあ虫取りに行く子供のフリした大供が3人は居るな。

依頼を聞いてどう捕まえるかという話になるのだが、pfのアイテム群はそんな需要にも応えてくれる。つ「 虫取り網
より多くつれて帰るために箱を買って空気穴開けようと、つ「ドリル」が。
そもそも生死を聞いてハヴァサックに入れる算段をする。
しかし統合者サモナーが全力で腕10本虫取り網を持つ大人げな・・・そういやアシュラマンお前ベースはクモだったろ。というツッコミが喉から出かかったが耐え忍んだ。

そして冒険へ。

街道を進み湿地な森を進む。
キャスターが少ないのでエンデュア・エレメンツの必要なムシアツイは無しの方向で。
途中の開けた場所で穴というか沼となっている場所。

途中の開けた場所で穴というか沼となっている場所。

ウォーターナーガ*2が顔を出す。
アキレスにサジェスチョンが効いた時はちょっと焦ったが、程なく倒す。

夜営のできそうな場所を探し一泊。

翌日古い遺跡の虫が居そうな場所へ。
スウォームな所に虫取り網で。
そこは手数マンが数多くの虫を捕まえたところが彼のクライマックス。
ちょっとしたフレーバーテキストも読んで何か出そうな感じを醸し出す。
その後スウォームの下から何やら動きが。
予定通りのゴーレム2種。キャリオン・ゴーレムフレッシュ・ゴーレム
そしてスポーンと中央にラスボスのブライトスポーン
実は#復興コンで出せなかったからという理由もあるのですが、パラディンに対して悪を出さないままでクソマスター扱いされることを避ける狙いも。
つまりここまで全ての敵が悪では無い。この時点ですでにクソマスター。
正直これを出すのでゴーレムはこっちも考えていたが、パーティーの武器とかも考えると止めた。

パーティーも自然とボスをパラディンに、バーバリアンがキャリオン、残りでフレッシュな流れに。

ダイス目の悪さでこう着気味だがパラディンは清い心で悪を討つ一撃もバッチリ当てていく。[1]
他を倒したメンバーにも囲まれそうな展開にホールド・モンスターがパラディンに通る事故展開に。
しかし囲んだメンバーがとどめとなるはずの攻撃をことごとく外す。
その間にテンナンがディスペルで解呪したパラディンがきっちりとどめを刺してフィニッシュ!
無事敵を倒し、虫とこの情報を持ち帰り終了となりました。

 

・時間内に終わったぜイェーイ!(大ニュース)
・特に引率の先生方がダイス目酷い!(悪いだけでは無い)
・それを含めても楽しかったです。
・今回はPDFのクラス部分とアーキタイプを個別に印刷。
選択するクラスの分を渡す。書き写さなくてもプレイ出来るのでやっぱり便利。
・特技とかその他も準備していきたいですね。
・でもその分説明不足もあった。
・でもまた荷物が洒落にならない重さに戻る。

・今回は人数や卓数と会場のバランスは良かった。
・どうやらカッパのヒトで通じるらしい。

会場の部屋ですが、来月まではこの部屋ですがその先は会議室となります。
特に8月はそこまで広くないので心配。(8月にこれそうな方はできるだけ、掲示板やツイッターなどにコメントを!多そうなら部屋を増やす対策も取れるかも。空いていればね。)

個人的には・・・
一部の方にはお話ししましたが、Pathfinderの高レベル体験卓をやってみたいなと。
それに当たってキャラを作成する期間が居ると思われるので、その間にコロッサルハンターとかを挟もうかと。
大分でもPathfinderに入ってくれた方も結構増えたので、高レベルを体験する機会を作って見たいなーと思っている次第。
まあまだ先の話ですが。
DACのように掲示板立てて数ヶ月かけてキャラ作ってもいいかなと。

そんな感じで今月も無事終了。
これから仕事も忙しくなるし、もう一度入院する時期がまだ見えないのでもしかすると自分が参加出来ない月が出てきそうです。
頑張って続けて行きますのでよろしくお願いいたします。
あと出来ればスタッフとして手伝ってくれる人を募集中。
イベントが続くといいなと思ってる方は是非お助け下さい。

よろしくお願いいたします。
ではでは。

コメントを残す