こんこん38

レポート:こんこん38
大分混成TRPG-Convention[38:2008/12/07]

さて、2008年も最後。
前日より急激に寒くなった事で、参加者が激減するのでは?とか思いつつ。
開会式前までは極力開けれるところを開けて太陽光を入れて暖めてました。
結果的には人数的にはあまり変わらず。

今回はエントリー5、成立3でした。

卓番号 :1
マスター:しが.
システム:Dungeons&Dragons 3.5e
タイトル:冬季キャンプ 19を20で
希望人数:3-5
内容説明:もちろん冬ですし 3?4LV予定
成立状況:●

卓番号 :2
マスター:Ray
システム:Dungeons&Dragons 4th
タイトル:だんじょんずー どらごんズ
希望人数:5
内容説明:お試しエンカウント 1LV初心者向け?
成立状況:○
実参加数:5

卓番号 :3
マスター:ロバート星
システム:エムブリオマシンRPG
タイトル:ごぜんしあい
希望人数:2-4
内容説明:特殊戦闘オンリー
成立状況:○
実参加数:3

卓番号 :4
マスター:くま
システム:ブルーローズ
タイトル:海の女王といにしえの薔薇
希望人数:2-4
内容説明:クイーンエリザベス?世 インド洋 そしてバラ。
成立状況:●

卓番号 :5
マスター:エロしげ
システム:ブルーローズ
タイトル:バベルの塔
希望人数:3-5
内 容説明:大昔、人々の言葉はひとつだった。そしてある時、1人の王がいった。「この地に巨大な塔をつくり、すべての人間とここで暮らそう。」人間が集い頂 きが天にも届く大いなる塔が建造された。(中略)以後、この塔は「混乱(バベル)の塔と呼ばれる。 旧約聖書創世記 第十一章より抜粋
成立状況:○
実参加数:3

1)
珍しく出オチポジションに入れられてましたが、今回は●。
正直休んでありがたいところ。
参加できなかった方申し訳ございません。
まあネタも厳しくなってきたし、20周年向けでスライド登板の方向で。

3)

ロバート星殿のエムブリオマシンRPG。前回は●になってますが、実際にはやっています。
今回は成立。
急遽やってもらったのでシナリオとかまで準備出来ていなかったようですが、D&D&ブルロ祭り回避のためにありがたい話で。
今回最後にロバート星君は大分を去ることになったとの事。
大学生なのでいずれは・・・とは思っていたものの。
予想外のタイミングだったので驚いたし残念です。
しかし行く先での活躍を祈念するのであります。

4)
くまブルーローズ卓。
今回も★。
今回はある意味初物に流れた感じ。

5)

その初物。エロしげとしての登場。
そしてブルーローズ。
どうやら皆初物に弱い様子。

2)

そんな初物。
D&Dの4th。
ナビスコ杯を観戦、そのままGame Dayに参加というウハ街道を巡ってきたRay殿がやってくれました。
久々プレイヤーで4thが体験出来るのはうれしい限り。
キャラクターはシャドーフェルのキャラクターを使用。
私はハーフエルフクレリックとなりました。
今後マスターする機会を考えると抑えておきたい所。

エンカウンター中心とはいいながらも目的を含めラインはあり。
丘で遊んでいて突然消えた子供の捜索。
さりげなく技能の変更部分を使ったり、新種族エラドリンがちょっと見える辺りがさすがの上手さ。

戦闘に関してはポジショニングの重要度が増していますね。(3.5e比較で)
増しているという表現は特に他者から位置を動かされる部分とかですね。
また周辺に味方がいるとダメージが上昇するなどの要素もあり。
死亡時の処理がスリーカウントでアウト(毎ラウンドSTで3回連続失敗で死亡)まあプロレス的とか言うとわかりやすいのか?
そのセーヴィングスローのタイミングが統一されたり、基本一律10以上とか大味になった感じ。
まあまだパワーを覚えてないので見えてないところが多いのかもしれない。

そんな私は今回スーパー迷惑プレイヤーと化し、いつも以上のトンチキプレイ。

コボちゃん2匹を捕虜にするも、他メンバーはそれを無視して突っ込む。
私はそのロープを放さず・・・
穴に落とす系の罠が途中に有る場所。
筋力も低めなので2匹を引っ張るのもきついし、だからと言って逃げられるのはアレだという理由をつけて、わざとトラップに引っかかり気味に。
案の定コボチャン達を引っ張りながら穴へ。
下はくっつく系のトラップ。(他の人が先に引っかかったので知ってた)
そしてコボちゃんのロープを引っ張って上がろうとすると踏ん張りきれずにコボちゃんが落ちる。
そしてコボちゃんを踏み台にして上へ。
実はこの行動を行う数ラウンドの間に見たかったもの。
それはクレリックが居ない状況での戦闘バランス。
回復が全員にあるシステムでのクレリックによる回復有無がどう変わるのか?
そしてわかったこと。
クレリックはやっぱり必要なのね。
解りました。
(着時気絶2名)
(´・∀・`)ヘー

そして最終戦には白いアレが登場。
まあさすがにさっきのが酷すぎるので、退却時のしんがりとしてブレスを受けて終了。
ああ、このレベルのブレスってこうなのね。

超に超がつくほど久々にプレイヤーだった事もあり、少々イカレトンチキプレイに終始した感じでした。
同卓の方々にはご迷惑をおかけしましたが、今後マスターをする機会にも活かせる重要なバランス面を見せていただきました。
もちろんマスターのバランス取りがしっかりしていたからですがね。

そして4thになったD&Dもどうかと言われつつも、「面白い」というのが結果。
3.0/3.5とも別なゲームだし、もちろん2ndやクラシックとも違うゲームではある。
死ににくくなったようでそうでもないシビアさも残した感じは確かにD&D系。
自分の4th移行は日本語版が出そろってからにしようとは思っていますが、キャラ作成時間の短縮が出来るのなら確かに魅力はありますね。
まあこの移行期に来てやっと自分の周辺が3.5eが盛り上がった感じなのですが、コンベンションとの併用で行うのはありかもしれません。

東京でのGameDayに参加のうえプレイしたRayさんがマスターやってもらえたのもありがたい。
3rdの時は誰も乗ってこなかったですしね。
日本語版が出てやっとでしたし。


ホワイトボードというかシートを仕入れてきてました。
それとあわせてクリーナーも。
結構良かった。


今回もかっぱさまはかっぱーどらごんだったり。
ホーリーシンボルと共に(えせばはむーと)

むむ、来年からも楽しみだし大変だぞ。
そんな感じで来年も頑張る所存であります。

ちなみにこんこんが月1開催になってから丸3年になりました。
皆色々ありましたが、続けることができました。
3年続けて初めて振り返りながら出来るとは言い続けてきました。
今後も続ける為にはさらなる努力と工夫がいるでしょう。
また最近これない人の多くは仕事等の問題もあります。
実際今回の景気問題でより大変になるでしょう。
こういった状況をうまく乗り越えながらしっかり続けて行きたいと思う次第です。

2009年はいきなり1月4日からです。
2009年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です