こんこん29

こんこん29

大分混成TRPG-Convention[29:2008/03/02]

3月のこんこんです。
今回は結構重要な発表もありましたし、初システム、初参加者と目白押し。

とまあそんなこんなですが、人数は微妙に3卓は厳しい感じ。

エントリー5、成立2でした。

1 くま。 Dungeons&Dragons 3? イメージとしては、紀元600年代。
2 しげちゃん♪ 天羅万象・零 『紅い月』 3?5 風 凪が国の小さな村・鬼鳴村。狂気はいつの間にかそばにいる。狂気は頭に響く笑い声をあげながら近づいてくる。赤い月がいつまでも逝く道を照らす。赤い月は 世界を変える狂気の姿。最期に立っているのは・・・「…大好きだった人はみぃんな死んだわ。 ……あのヒトすら…… それが運命……」
3 火村 デモンパラサイト 逃走中 3?4
4 しが. Dungeons&Dragons 3.5e 今月の占い「未来へと混ざり」「ミイラ取りがミイラに」 3? 4LV シティー?
5 一ノセ りゅうたま サンプルシナリオ 4?6

今回気合を入れてきたくま。しげちゃん♪組を押しのけてこの2卓。

[3]火村ツバメ卓。

火村GM。シナリオ出来てない的発言もあった割には非常に好評だった様子。
初参加者もこちらに居ましたが、まあ楽しんでもらえた様子。
ダイスの神は見放したり見守り損ねたりしたようです。

[5]一ノセ卓。
こんこん初登場のりゅうたま。

りゅうたま公式BLOG

旅がポイントの少々ほんわか風味のファンタジー系。
ちなみにシナリオはサンプルシナリオの「市場とネコゴブリンと大騒動」との事。

初システムということもあり、またマスターもこんこんでは初。
それを含めて感じたことを羅列します。

・7クラス、3タイプ、3初期能力セット このあたりのキャラ作成スピードはコンベンション向きかと。
・能力値とかランクとかがダイスの種類という発想も確かにわかりやすい。
・個人的には12面をちゃんと使えるルールという事がプラスだが、普通4面とか12面って持ってないよねー。
・竜の説明とか絵とかはいけてると思う。
・戦闘はゆるく感じたが、旅のシビア感はなかなかよかった。
・まあシナリオが初心者向けだと思われるが、旅の途中で戦闘が起こると結構きつめで楽しそう。
・初期金額の厳しさ・・・でもそこがいい。(仕事するモチベーション)
・魔法関係は今回よくわからなかったや。
・とりあえずいくら初めてだからって、クラスをダイスで決めたのは間違いだったっと反省。( ̄□ ̄;)!!
・あれ?竜人は?
・1ゾロでの他メンバーへのポイントは結構バランス崩れず。
・動物にありがたみがあるのはすばらしい。

世界とか設定などをプレイヤー、マスター共に作る感じ。
世界、探索、シナリオ構成とかシートもあって、初心者フォロー意識は高いシステムと感じました。
その一方で旅歩きチェックに関して割とざっくりな結果が示されているものの、そこに関しての演出面へのフォローが見つけれなかった。
まあ今回5名で1冊しかなかったのでさほど読めなかったしね。
ただ旅に重点を置いているのでこの部分をどう扱うかでプレイとしての楽しさが変わると思われる。
全体的に大枠をみんなで作って詳細をマスターが扱わないといけないという印象を受けました。
とはいえ色々なシステムのいいところを持ってきた印象も。だがそれはイイ事かも。

こんこんで今後立ちそうな感じ。

マスターはネコゴブリンを扱うのが楽しみだった様子。
またみんなで作ろうという時にあまり意見を潰さないのはこのシステム向きなのかも。

楽しめたセッションだったので今後に期待。

コメントを残す