こんこん30

こんこん30
大分混成TRPG-Convention[30:2008/04/06]

こんこん4月です。
人数まで冷え切った冬を越えて、参加者も戻ってきました。

スタッフは仕事の人も多く、3名で回しました。
スタッフが少ない?でも1人で回すのが普通だったわけですから。
いい時代になったものだ。本当にそう思いますよ。

エントリー5、成立3でした。

No:1
マスター:くま。
システム:Dungeons&Dragons
タイトル:姫
希望人数:3?
内容:1519年のロードス島で。
成立:●
実人数:
No:2
マスター:しげちゃん♪
システム:天羅万象・零
タイトル:黄金魂
希望人数:3?5
内容:肆式と呼ばれる金色の金剛機。それにまつわる物語。
成立:○
実人数:3
No:3
マスター:紫梅
システム:アリアンロッド
タイトル:骨収集
希望人数:1?6
内容:LV1→2 出会いから骨集める。あいだにLVアップあり(予定)
成立:○
実人数:4
No:4
マスター:マイケルポチ(いっちゃん? )
システム:りゅうたま
タイトル:オンセン卵を求めて
希望人数:3?5
内容:
成立:○
実人数:4
No:5
マスター:しが.
システム:Dungeons&Dragons 3.5e
タイトル:やまさき春のパン祭り ・shock pan award開催 ・しろい小鉢はしろいし
希望人数:3?5
内容:さあ
成立:●
実人数:

表を縦に変えました。先々の携帯対応の為。

今回の非成立はスタッフの2名。
[1]くまさんは歴史前面に。この人の歴史ものは付いていける人とそうでない人を分ける傾向にあるかも。
[5]もうネタでおなかいっぱいとの意見が。タイトルだけで十分。そうでしょうねえ。
D&Dが共倒れ。

[2]しげちゃん♪卓。面白かったとのこと。プレイヤーもマスターも自滅的に痛い方向に進み苦労したとの事。天羅零も安定するか?

[4]いっちゃんのりゅうたま。楽しめたようですが、かなり早く終了したとの事。
旅の途中をもっと膨らませるといいと思うよ。

[3]紫梅さんのアリアン卓。今回はこちらに参加しました。

周りはウォーリア+ダンサー、メイジ+ダンサーは即決の方向。回復が必要そうなので自分はアコライト+バードの方向で。そしてシーフバード。
タイトルから情報系が必要と思いバードを選んでみるも、情報系はいらないとの事。(プレイヤー、マスター双方から。)
なので今回は回復系と支援(ジョイフル・ジョイフル)というファミレスライクな名前の待機本願に特化。
話はパーティー組む前の状態から。まあダンサーとバードしか居ない組み合わせばかりなので、そこを絡めて組む形に。
今回はランダムで敵、数が決まる形だった為、敵数が多かった。(多い目を振った。)
実際にタイトルの依頼に出たのも少々遅めだった。
今回戦闘をエンゲージとかでなく、チェスボードを使う形で行った。

しかしエンゲージを単純に使わず、ボードでの移動になった事でZOCとかの概念も無く、自由に後ろに回れる状況。
ドレッドダンジョンにこんなルール載ってたよなーとか思いつつ、全てGIL殿送りになっているわけで。
とはいえ、ヒールとかプロテクションとか20mも距離はあるし、プロテクションとかってリアクション芸的に使えるので、まあ馬鹿みたいに出せる。
このあたりはストレス無くバンバン打てるわけで。
こういった爽快感は人気の要因の一つなのかな?と思う。

ランダムだった為、意中の敵がなかなか出なかった。その割りに数は多く出たため、時間がかかった。
また中間にレベルアップのタイミングがあった。これはこれで楽しいのだが、やはり本命の話が削られることとなった。
ついでに言うと回避クリティカルが多かった。回避のダイスを振れるってのはがんばれば全て攻撃を受けなくする可能性もあるのだが、それは敵も同じ条件だということ。
良い悪いはともかく、時間がかかったことは事実。

プレイ自体は楽しかった。
しかしタイトルの内容がいまいち中途半端で切り上げとなった事で消化不良感があった。
最近はコンベンションでは最初からパーティーで良いんじゃないか?と思うようになっちゃいました。

アリアンロッドって難しいよなー。
バランス取るの難しいイメージが。
あと最近思うことはアリアンロッドを説明するときに「ラグナロクオンライン」みたいなのって説明、自分も使ったりしてたけどラグナロクオンラインって何?と思う。
まあ要はラグナロクオンラインを遠めに見ただけで知らないわけだけど、同様に知らない人にどう説明したら良いのだろう?

結局まだそのあたりは掴めないまま。
とはいえこんこんでも人気の主力システムの一つ。
何か気の利いたことを言えるくらいには掴んでおきたいものだと感じた次第。

5月はGWな上、会場が集会室(100畳)なのでがんばらねば!

コメントを残す