こんこん31

こんこん31
大分混成TRPG-Convention[31:2008/05/04]

こんこん5月はGW真ん中です。
今回は電光掲示板の変更が出来ていませんでした。
珍しくEsが会場担当だったわけですが・・・
いや変更は前日に窓口で申請しましたし、使用許可証とかの確認は行いました。
しかし当日電光掲示板も会場表示も変更されていませんでした。
下を通ったときに気がつきませんでした。
こんこんまたは大分混成で表示が無かったため帰ってしまった人も居る?という話もありました。実際リピートの方しか来てない状況。
まことに申し訳ございませんでした。
9月以降に関してはシステムが変わってこちらでの入力でいけるのですが、当面旧システムで所得した場合はデフォルトで団体名称になっています。

大体変更申請したら受付のおねーさんが上司っぽい人に聞きに言ってたんだよな。
「変更したいそうですけどいいんですか?」って聞こえたし。
19年も使って今更何を・・・という感じですが。嫌な予感はしてたのに、そこに気が回りませんでした。(´・ω・`)ショボーン

そんな今回は会場が集会室。
この状況で無駄に広い。
そして今回は発行が危ぶまれた当会の会誌Interesting Spirit31が無事配布されました。
正直色々あるのですが、この辺りはせっかくなので別エントリーで。

今回はエントリー3+1、成立2でした。

卓番号 :0
マスター:しが.&火村
システム:トークライブ
タイトル:TRPG今昔トークライブ
希望人数:0
内容説明:おだいボシュウ中→あおのだいおーボシュー中
成立状況:●

卓番号 :1
マスター:しげちゃん♪
システム:ダブルクロス2nd(通常ステージ)
タイトル:SLEEPING BEAUTY
希望人数:3?4
内容説明:舞台:K市 中心地・国際環境大學付属第一高等学校 内容;かつてないほど基本に忠実。
成立状況:○
実参加数:5

卓番号 :2
マスター:GIL
システム:オリジナル(シチュエーションゲーム)
タイトル:1.ツインタワーの悪夢 2.白刃の館 3.深夜鉄道
希望人数:1?3
内容説明:
成立状況:●

卓番号 :3
マスター:しが.
システム:Dungeons&Dragons 3.5e
タイトル:やまさき春のパン祭り ・shock pan awardに前年最優秀パン屋、中間発表間に合わず! ・しろい小鉢はやっぱりしろいし
希望人数:3?5
内容説明:4LV
成立状況:○
実参加数:5

0はまあともかく、今回会誌にインタビューが載った火村ツバメの「今やったら違う」との事。
実際インタビュー後のマスターでの評価も良く、いずれは彼の成長した姿を見れるのでしょうが、会誌掲載時はあんなもの。そんなもの。そういう事で。
あの文に文字を足してあおのだいおーに仕上げた人、GJ.


1番卓はしげちゃん♪がダブクロを行いました。
人数オーバーな上メンバーも・・・(・∀・)コイー
まさかGWでこどもの日手前だからってコイだなんて。<誰も言ってない
気合のシナリオは詰め込みすぎとの事。
キャンペーンの第2話という触れ込みで行った様子。
この事が後々大変な事に。

3番卓はまさかの成立しが卓。
事前のキャラ作成が4名分なうえ、クラス偏っていたわけで。
5名も来たわけです。いや確かに3?5とは書いたから。
で、本来経験者に作成してもらう考えだったのですが、皆作る気マンマン。
まあそりゃそう鴨。

今回はD&D(3.5e)初の人もいたので、そちらをメインに。

パーティー構成は・・・
ファイター(初)、ソーサラー、ローグ、ドルイド、バードという構成。(4LV)
1トップ、2シャドーとでも言えば聞こえがいいが、ドルイドのHPが低く、チーターな相棒に期待をする。

舞台はとある小国。丘の上にある城とその城下町。
周辺は穀倉地帯。パンがおいしい国。
毎年1ヶ月以上行われる「春のパン祭り」
前回※非成立 詳細は不明ながら国王の逆鱗に触れ、shock pan awardの開催を宣言。
その中間発表の段階において昨年最優秀パン屋の出展が無かった。現段階ではどれも食パンという枠に囚われている作品ばかり。
どれもどんぐりの背比べ。
そんな中、今回の依頼はそのパン屋の娘さんからだ。
北の海岸沿いにある山(片道2.5day)に住むある人に手紙を渡して、戻るときにその人を護衛して欲しい。との内容。
1人250gpというパン屋の依頼としては破格な値段。
今回は「依頼を受けたものとして開始する」という条件だったので、ここに選択肢は無かったのだ。
最終のエントリーまであと8日。パン作成期間を考えると2日は欲しい。
つまり6日しかなく、片道2.5日で猶予はあまり無い。
そこで馬での移動を検討するが、山が急なため、途中までしか馬では行けない。
パーティーは情報収集をしながら馬をどうするか考えていた。
っていうか、移動を考えるだけで1時間半かけやがった。
もちろん他の情報も出していますが・・・

・城や町はきれいに整備されており、町の区画などもきっちりしている。(秩序系な)
・城や町は白を基調に統一されている感じ。
・パン屋の競争は激しい。そんな中このパン屋はパン皿プレゼントでさらに打ち上げアップに成功。
・パン皿は国のイメージと合わせて白い石つくりの皿。
・皿の作成は町の補修なども行っている石職人(パン屋の親父の知り合い)。
・怪しい人影をファイターだけが発見。
・人々がショックを受けたという伝説のパンを作るために山の上の人が必要。
・国王はまあたまにわがままはあるものの、政治的に問題は無い。
・この祭りで外貨を稼いでいる。いまや観光の目玉だ。

とりあえず、徒歩で1日行ったところにある畑の外側に設置された物見塔まで馬車で移動し、そこで馬車は預かってもらう。
その後歩きで。
野営中だけでなく、どうもつけられてる鴨。といったのは視認で確認。
山の手前には多少森がある。
そしてそれを抜けると切り立ったような岩場があり、これを上らないと・・・という場面。
2段階に分けて上らせる事に。
案の定難易度7,8の岩場で上れない奴が出てくる。
まあ先に上ってロープを下ろすとか、工夫してみればというメッセージ。
伝わったようだし、安心していたら難易度5とか3とかでもどんどん失敗する始末。
いや、これはこれで楽しいとは思う。
難易度があって失敗する可能性があるわけだから、この結果も起こりうるが。
まあこの問題は後に集約するのでまずはその先。

上に居たのはウーイァン(秘術大全)。
手紙を渡して、ご同行。
まあプレイヤーは行きたがらないのを無理やり連れて行く事を想像していたようだが。
下りはどうするんだっツー話でもうチキンになってるのはドルイド(もちろん火村ツバメ)なので、ウーイァンがスパイダークライムをかけてあげる破格の措置で急がせる。
戻りにてワンダリング発生。
野営にてアラームで周辺7方向を固め、上方と残り(山側を警戒)
しかしマイナー・ゾーン(xorn)。まあ何だ。時間的に厳しいので数も単体だ。
脅威度3だしねー。
しかしどこに出てくるかをダイスさまに聞いてみると・・・
野営中ど真ん中の下から。
まあゾーンとしては至極当然の行動ですが。
http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/news/mm3.5/xorn.htm
ところが、このパーティー筋力の低さも相まって、金属、石、宝石類を持ってる奴がほとんど居ない。
まあ一番おいしそうなのはファイターの鎧。睡眠中で外していたのだが、何故か遠方に置いているとの事。
時間があれば一つ二つネタを入れたい衝動にはかられるが、我慢。
とりあえず初戦闘。

そして馬車を受け取ると、なにやら探られた形跡が。
馬の飼料を容赦なく武器で刺して調べる辺り、正しい(?)対応を行っているなーと。
だがしかし、もはやそのイベントは時間と共に消え行ったのだ・・・とは言わなかったわけです。
戻ってパン屋に。
これでパンの作成を!と親父とウーイァンのアバさんは厨房へ。
パーティーは「本当にパンを作っているのか?」と聞き耳を立てる。
数値が良く、勝手口側に不振な音を聞く。
裏に回ると怪しいゲハが。(ハービンジャーの47人間のごろつき)
http://www.hobbyjapan.co.jp/dd/miniatures/harbinger/47.jpg
全力で逃走。
しかしソーサラーのマジックミサイルワンドと相棒チーターの瞬発力で瞬殺。
そして翌日完成したパン(山崎ランチパック)を手に城へ。
発表会(兼試食会)に向かう。
「レシピはちゃんと持って!」というコメントで「ちゃんと持ってます」と。
そして一瞬見えた本は軍事書。

そして発表に向かう途中で娘さんから「私たち、結婚する事になりました!」という某あの人サプライズ。まあ途中途中も含めてちゃんとシナリオに盛り込みました。
当人来てないの残念ですが。

そして城に着く。中央に案内される親父。
ここでネタバラシタイム。

秘術大全には第5章魔法のアイテム内で「アイテムの種類を変更する」という項がある。
ポーションをタイルだとかに変更する別形態だ。
聖餅の中に特別製の薄いパンも書かれている。
このタイルを割って使うという発想と特別製の薄いパンという記述を最大限悪用して考えられたのが、古代軍事用食パン。

そして軍事書に書かれていたのは当時の国王にプレゼンしている図。

土で盛った山を切り裂くアースボルト。
そうこのパンにはアースボルトが込められている!
これを割ると・・・・

(下はアースボルトの呪文イメージ)
http://www.wizards.com/dnd/images/ca_gallery/85459.jpg

ズギャーン!
そう「やまさき乱血パック」とは兵士が食料を奪われたときの為の・・・( ´Д⊂ヽ
危険という事で城に集まってた一般市民は当然逃げる。
パーティーメンバーも逃がそうとする。
しかしそのさなか視認を要求。
ここまで高かったローグやファイターを含め軒並み低い値だが、へそまがりな性格がダイスにも宿る火村氏のドルイドがどさくさで城壁の崩れた石を持っている娘さん達を発見!
御用となった!
そう。前年は中間発表時に持って帰った石で白い皿(今年は小鉢予定)を作っていたのだ。
今年中間発表で間に合わなかったので・・・
( ´Д⊂ヽ
娘さん達は捕まり、いきなり拘留。

親父のパンは仕方ないので特別賞。
国王の逆鱗に触れたのはもちろんこの皿の件。提出すればばれるし。何より材料の入手が困難。祭り中でも人ごみが城に出来て・・・でないと中々持ち出しは・・・って話。
国王は反省。「食パンはネタとして厳しいので今後はもっと違うテーマで望む」との声明。

そして終了。

まず今回集約されるべきは、時間の問題。
キャラ作成が本当に終わったのは14:30ごろ。
そこからのスタートだが、さらに移動手段で迷うだけで16:00を超えてしまっている。
キャラクターは事前作成が間に合わなかったという部分が大きいのでこちらの反省点なのだが、あの移動手段決定までの時間は何だったのだろう?
一応前金OK。馬も馬車もOK。止めるのなら物見塔OKとまで振ったのだが・・・
そこから岩山登攀でも時間がかかったが、まあこれはストーリー展開での話しだし。
時間がかかったというよりはその時点での残り時間が少なかっただけだし。

この為、戦闘ががっつり無くなった様なもの。
元々のシナリオのチープさ加減がより薄っぺらになってしまいました。
あとこの内容にこの時間。あの人のリクエストで入れたネタも苦しい。
っつか、あんなのまともに入れれるか!<(゚Д゚)イレテルジャン!

まあこんなトンチキしかしないヒドイ奴ですよ。このDMは。
あんまりだ。ええそう思います。

しげちゃん♪卓、しがっち卓共通の問題点はGWという事もあって、気合を入れすぎて内容またはネタを盛り込みすぎという点。
時間的に終了時間が両卓とも30分オーバー。

次回は通常状態に戻ります。
わざわざ遠方から帰省して参加してくれた方もありがとうございます。
んでもって、電光掲示板の件が無ければ・・・と思うとより残念。
色々な反省を持ってこれからもがんばって行きますのでよろしくお願いします。

そして笑いの神様を振りほどく事は出来ず、終了後のダーツでもこの始末。
駄目駄目やん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です