【レポート】大分混成TRPG-Convention114[2015/04/05]

大分混成TRPG-Convention114[2015/04/05]
コンパルホール405号和室

今回も先月に引き続き雨。
やはり集まりも遅く、スタッフが先に集まるという本来は正しいハズなのに何だかいつもと違う感じ。
もうちょっと早くくる人がいると一度地下駐車場に止めて荷物を降ろしてから周辺駐車場に止めるとかしたいけどねー。

全体的に少な目。雨で周辺駐車場もかなり埋まっていたとのこと。
遅れる人も居たが連絡があると助かります。

久々のホームグラウンド的な405号室。
使いやすいし使い慣れているしコスト的には一番いいんだけどねー。

そんな今回はエントリー3、成立2でした。

エントリー情報はこちら

今回はエンゼルギア大人気。
ほぼ皆さんの希望が集中したので第2希望に約半数回る感じに。

S3)
エンゼルギア。久々のしげ先生。

久々のレア感もあっての人気卓。
予定システムは忘れものがあったためとのこと。
やはり好評だったようです。

S1)
あれだ。まずタイトルなんか作った方がいいと思う。
時代劇の再放送とか見てるとタイトル見ても良く分からんやつ。
あんな感じにしてると実際のプレイでは何とでも転がせるよ。

S2)
もうひと卓はPathfinderです。
まず本当に簡単なクラスとか種族とかの説明をした状態で初プレイの方と2回目の方に選択してもらっている。
そんな間にプレイヤーも増え安心の5人パーティーに。

 イアン(クレリック5/アアシマール/TN/男/)
 ビゼン(ファイター5/人間/TN/男/青年)
 ルネ(ソーサラー5/人間/NG/男/20)
 ゼルフィルド(ガンスリンガー5/人間/TN/)
 マーライオン(アルケミスト5/ティーフリング/CN/)

2キャラは持ち込みキャラ、初と2回目のプレイヤーは毎度の作り置きを流用。
最後に来て作り置きの一部(装備の大枠のみ)で作成。
前線は1枚だが、エンラージパーソンパーマネンシーで常時大型化したナギナタ使い。
あとACの高いイアンが耐える間に後ろから遠隔で・・・というコンセプト。
ゼルフィルドが「リア銃」といいつつ銃を撃ち、マーライオンが「爆発しろ」と爆弾を投げる感じ。

さて町からスタート。
時間の都合もあってあまり細かくはしなかったものの、とある冒険者が島に捕まっているので助けてきてほしいとの内容。
ルネは某仮面ライダーのナニなセリフを言うために「おかま」と言ってしまう。
速攻反応するのはプレイヤーもマスターも。
気になってる彼を助けるというフラグが立った。
なお彼以外を見捨てるという裏ミッションはパーティー唯一の善と言うことで無しに。
とはいえ、交渉に際して「おかまのチャームパーソン」という強力な切り札が。
ナニコレ怖い。
まあそんな彼(彼女?)の交渉により船と船員を安く確保。

さて船にて島へと向かうパーティーと船員。
天候ダイスを振ってもらい、結果単に霧が出た程度。
とは言え見通しが悪くなり謎の敵船に近づかれる。

ワーシャーク隊が船を沈めるため船底を攻撃。
船員は船員の姉さん(女とは言ってない)の支持で船長含め反撃している。
敵船から渡りがきつつ、大物の敵(トロル系のスクラグ)や敵海賊達が登場。

あちらにも姉さんが居る模様。
キャスター陣のグリッターダスト、サウンドバースト、グリースなどで押さえつつビゼンが前に入り押さえる。

しかし船はだんだん傾いていく。
渡るのに軽業難易度が上がっていく事に。
話の流れから(ワンピースの)メリー号風な話に。
鎧着て重いイアンが落ちたら悪魔の実の能力者の如く、他の人が助けに行かなきゃという話に。
(プレイヤーの一人がちょうどワンピース最新刊を買ってたりしたので)
敵海賊にもマーライオンの爆弾(足止め爆弾)が威力発揮。飛散ダメージもかなりでかい。
広く散れない船上との相性いいね。
その間にゼルフィルドが敵指示系統(姉さん)を撃つ。
船が長く持たないと悟った船長が大物に突っ込み船員達を逃がそうとする。

前線が組み上がった所で皆隣の船に移る。
しかし予想していたとおりイアンが落下。
実は領域呪文でフライを持っていたのにという事が判明。
なお、使っていたフィギュアがラスプーチンだったので「飛べ飛べラスプーチン」な流れで。
他の人がある程度移った段階で、リア充爆破チームが敵指示系統の姉さんをまさに爆破。
敵戦力外が続々海に逃げ込む。
残りの敵海賊をリア充爆破チームが狙う。
「俺リア充じゃねえよ、姉さんとは何もねえよ」と武器を捨て投降する。
ルネの即行「よし、ズボン下ろせ」の華麗な流れに。
「がーん」
「ズボン下ろしたあげく、こっちの姉さんにスパーンの流れだよ。」(ナニをスパーンするかは言いませんが。)
「これで永遠にリア充にはなれない」
「あれ?ここしげ卓だっけ?」
イアンが3レベル呪文を出し渋り、何とかしようとする。
ルネの交渉で全員の一人が助けに行ってくれる。
しかし鎧のマイナスがあるうえ、ダイスがことごとく走らずどんどん沈む。
仕方なく姉さんが「男前」属性を発揮し、助けに向かう。
この男前度はダイス目20として発揮された。(単に振って出した。)
パーティーからロープが投げ込まれる。
その間に残り船員が荷物を出来るだけこちらに移す。
揺れも大きく数人の船員が落ちる。
ロープを使ってなんとか全員を助ける。
沈みゆく船を前に船長が「さらば」とたいまつに火をつけて投げる。
皆泣きながらたいまつの火も着かずに「じゅ」っと消えていきます。
この情けない姿の涙も含め島へと上陸することになりました。

一晩回復し、捉えた敵海賊と個室をもらったルネを含めて回復したパーティーは敵アジトの場所を特定し向かうことに。

最終戦のアジトで待ちかまえていたのはシーデビルことサフアグン( http://www29.atwiki.jp/prdj/pages/253.html#sahuagin )。ちょっとデータは当たったけど。

シャーク達との円滑なコミュニケーションは彼らの仕業。
一晩立ったので警戒の下っ端を巡回させるも高い知覚で不意打ちを避ける。

マーライオンがスパイダースウォームをマーライオンして色々な意味で嫌がらせつつ地味にダメージを入れる。

不意打ち出来ずに囲んだものの普通に戦闘していてもやられる一方。
モンクな遊撃兵とかも回り込むが効果を上げれず。

前線が固く遠隔のダメージやスペルに業を煮やし、ボスなシャーマンぽいやつがスウォームごとファイアーボールを叩き込む。
それなりにダイスも走り気絶者数名。
キャスターが倒れるも、早急にポーションで処置される。
そしてリア充爆破チームによる指示系統のシャーマン的ボスがきっちり爆破される。

奥から捕らえられたパーティーが助け出され、マップに広がるあの血だまりは・・・
これ以上は書けません。
そんな感じで終了。

・組んできてくれるキャラも増えてありがたいです。
・パーティーバランスは良かった。
 リア充爆破チームというが遠隔接触攻撃という命中率の高いキャラの安定性。
 これに防衛も出来るホームラン王。
 さらに相手を戦力外に落とせる投手(キャスター)陣。
・とはいえ初めての人に初戦から海戦は・・・という声も。
・おかまネタは拾いに拾いまくったものの、うまくプレイヤーが対応してくれた。
 おかげですごく回ってくれた。
・最近来てくれる人は動画やリプレイを見て来てるからか対応力があるからすごいなと本当に感じてます。
 いやー、やりやすくてありがたい。
 昔の自分は出来なかったなーと思うので余計そう感じます。

・初戦のオブジェ風なアレはクトゥルフ好きが多いからこんなのも居るよと見せゴマっぽく登場。
・ただ今回は時間がオーバーして申し訳ございません。
 月替わりも間に合わずすみません。

・終了後 かさの忘れ物がありました。
 施設であるコンパルホールに届けています。心当たりのある方はお問い合わせ下さい。

コンパルホール405号和室というホームスタジアムに戻ってきました。
ホルトホール401号会議室(和室)と同じ25畳なのですが細長いのがコンパル。
3卓にする場合はコンパルの方がやりやすいが、今回のように2卓だとさほど変わらないか。
ただコスト面の違いがあるのでなんとも言えないところ。
現状の運営では405号和室以外の時はよほど参加者が多いとき以外は赤字です。
なら参加人数が増えそうな方がいいかなと言うのが今のところの考え方なのですが。

そんな次回はまたホルトホールでの開催。
しかもGWまっただ中。
サービス業が多いスタッフも来れない人が居るようなので・・・心配。
ですが、GW中のホルトホール開催は絶好のチャンスでもあります。
参加出来る方は是非よろしくお願いします。
ではでは。

“【レポート】大分混成TRPG-Convention114[2015/04/05]” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です