【レポート】大分混成TRPG-Convention147[2018/02/04]

大分混成TRPG-Convention147[2018/02/04]
ホルトホール大分402号会議室(和室)

非常に寒い中の開催。
特に早朝は大分市内も結構雪が降っていたので、場所によっては動けなそう。
案の定そういう連絡があったり、仕事で呼び出しまたは待機で参加出来ない方が多数。

久々和室で・・・とかの心配は無い感じですが。

少なめな人数の中、マスター参加の方は多め。
(マスター多いからエントリーしなかった方も)
この辺りのバランスはコントロールしようもない部分なんだけど、勿体ないほど。

そんな今回はエントリー4、成立2でした。

エントリー情報はこちら

1)
ミネルバさんのネクロニカが立ちました。
何か話題にはよく出るので結構立ってるような錯覚を覚えるけど、そんなにやってないのか。
初モノにちかい感じ。ネクロニカの世界は体感できたとのこと。

2)
なばさんのSW2.0。
エンドレスメイズですが、危うく豆まきを忘れそうになったそうですが、プレイヤーがまいてくれたそうです。
よかった。

今回も空きスペースにD&Dスターターセット&PathfinderRPG ビギナーズボックスを展開。また、久々ステージのある会場だったので空気通すついでにPathfinder RPGのInner Seaポスターマップを開いてみる。

ビギナーズボックスは現地開封。英語版でもコンポーネントを知ってるから・・・と思っていたけど、開けてみるとやっぱりいいね。次回以降出来るといいなー。

休憩時間やプレイ終了後に簡単な説明をする事が出来ました。
興味を示してくれる方が居るのはうれしいですね。
折角日本語になったので、ぜひプレイしてみて欲しい所です。

今回は卓に入れなかったので感想は無しです。
状況的に遅れてくる人の可能性も含めて考えていた事もありますが、直前の仕事で無理しすぎたのもありました。

そんな混成も2005年2月に第1回だったので、13周年!
月1開催となってからでも12年!
参加して頂いた皆様のおかげで続ける事が出来ています。
ついでに言うと、そんな運営にも加わっている当サークルOita Evil Spiritは29周年。
本当にありがとうございます。
29年の間、大分市ではTRPGコンベンションが途絶えてないという部分程度しか誇りに思えることはないのですが。
まあPlus Oneが先にスタートしているので、大分市では30年TRPGコンベンションがあるって事ですよ。
みんな各々の生活をしながらの運営ですから、今の安定的な継続ですらハードル高い状態。でも結果としての継続は出来ました。やったね。

そんな中、当然参加してくれる方は入れ替わりつつも開催出来るだけの人が集まってくれるのは本当にありがたいです。
もちろん、この期間継続していることで昔来ていた方が戻ってきてくれたりもして、感慨深いものも有りマス。
今回のマスターエントリー見ても昔からの方と今の若いマスターがどちらもエントリーしていて、多様性があっていいなと思っています。

今回は若いマスターさんが立ちましたが、これからさらに色々な方にプレイしてもらいたいところ。
どうしてもイベント、プレイする事自体を優先するし悪い手本の方が多くなる所もあるので向かない部分もあります。
我々のノウハウ、経験を伝えていきたいとも思いますが・・・
「実践に勝る訓練はない」と考えています。
色々あるかと思いますが、積極的にプレイしていくことが重要だと思ってます。
だからこそイベントを継続してその実践の場を作っているわけです。

っとか書きましたが、何より自分がやりたいと思う限り続ける手段を模索し続けます。
なので、みんなで参加して楽しむ事でこそこの先も継続出来るものだと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。
ってな感じで次回以降も続けますのでよろしくお願いいたします。

なお、スタッフマスターは春の新人歓迎D&Dスターターセット&PathfinderRPGビギナーズボックス卓を計画中。
混成だけで無く、他の場所でも出来ればと作戦を練っています。
こちらも機会があればよろしくお願いいたします。

ではでは。

コメントを残す