【参加レポ】Winter Special KKF[2011/12/11]1/2

2011/12/11

総合女性センターはあもにい
9:30-18:30

相変わらずレポートは仕事の合間に少しづつこっそり書いてるので乱文でありますが、もうそのままです。

1週間前に行われた大分混成終了後の食事兼反省会にて。
暴走特急の方々が色々やらかしたようです。初めてしかも遠方から来てもらっておいて・・・
KKFさんが毎年のラストはスペシャルだからきっと最終のテストとかのはずなのに、参考にならなかったんじゃないかな。
そんな不安を覚えていたのだが、なんか色々盛り上がっていた人たちが「来週行こう」と言い出していた。
で、運転手は私だそうだ。おや?知らぬ間に行くこと確定かい?確かに出張で熊本に行くことは確かに多かったが。
正直やらかした後という認識なので不安の声も。まあ引率して行けっていうか、責任もって行きますと言わざるをえない。
まあ結果から言えば仕事は前日に入り、その為前日の予定が消えた結果この日行けることに。
さらにGILさんが新車の慣らし運転という名目で車を出すことに。そこは以前のA.B.Cさん遠征の時が頭によぎる・・・
そんな不安はあるものの、熊本のKKFさんへお邪魔しに行くことになった。

前日の連絡で道路状況が危険なので6時に出ようという電話が。
あ、その電話前日と書いたがすでに当日になっていた時間にかかっていた(さらに後ろの音がカラオケだかなんだかっぽい)ので不安はよぎっていた。
加えて行く予定だった一のセ殿が風邪でダウン。
仕事の人も結構居て、今回行けたのは4名。
案の定寝落ちしていたGIL兄やんは電話で起こされ、7時には我々回収後出発した。
途中は温度表示0度で県境近くの畑などは白くなっているところもあった。
路面は一部霜が溶けている感じ。
遅い車につかまりながらコンビニトイレすらぎりぎりまで粘り何とか熊本へ。
GILさんカーにもナビが導入されていたため、会場自体へは問題なく着。
とはいえ、駐車場の内容は事前に施設サイトの情報を見ておいてよかった。
着時すでに「混」の文字。あるんだ、そんな表示。お金払ってでも近くに止めるGILさんのおかげで近い。
しかしストリートビュー便利だな。見といてよかった。

会場入りした時点で沢山の人が。50人越えていたようだ。
席をわざわざ出してもらいました。
Esのコンベンションに以前来てくれたオビケンさんをはじめご挨拶。
喜んでいただけてありがたいです。
そしてほどなく開会。

マスターの紹介ですが、熊本は90秒ルールがあるらしいというのは事前に知っていたのでどんな感じか気になっていたのです。
実際90秒でもうまくまとめておさめているなー。
事前にサイトに情報もあり、同様の情報がパンフとして配られている親切設計。しかし直接聞くとまた文章よりおもしろそうに感じる卓が多々。さすがだ。
特に今回は16人もマスターがいるわけで、間髪入れずに説明しても24分。
そこはタイムキーパーが居て、たぶん60秒くらいで手を挙げて、その後指折りカウント、そしてアラームとちゃんとしてました。
こういった運営のかけた手間がスムーズな進行に現れているな-。
希望卓第1から第3まで記入。同じシステムが多かったためマスター名も書くようになっていた。
番号とかにしないんだ。うちとかあんなに少ないのに被るときを考えてるんだけどちょっと意外だなと。
さすがに人数も多く、振り分けに時間かかっていた。
その間に告知を行っていた。
一応大分のイベントとかの話はしたものの、今回は正直お詫び行脚であり引率気分だったので、ガンガン告知って感覚は無かったです。シーズンオフ状態ですしね。
福岡からもきていましたし、D&Dエンカウンター開催を計画交渉中との話も。
盛り上がるといいですねー。

卓分け完了。
10卓成立。すっげー。
他の人の様子を見ても第1には入れなかった様子。コンベンションだけにこういったことはありますよ。
まあ皆の結果は楽しみだがプレイに入ります。

システムはTRPGスーパーセッション大饗宴から2つをプレイ。

>サバイバー ~孤島からの生還~

島からの脱出を目指すゲームだ。
昼間4ターン、夜間2ターンを1日として7日までに脱出するのが目的。
3種類のステータスに20ポイントを振り分ける。
各ターンで出来る行動があって、行動によって2ターン必要なものもある。
水を探す、島の探索、罠を設置するなど。
成否はダイスの結果で設定されている。
島の探索は袋からチップを引く。
食料や道具になる素材、イベントが出てくる。
素材は加工や調理する必要があったりする。
行動するには指定ステータスを消費するので残ってないと何も出来なくなる。
テントやSOSシグナルのレベルを上げておくと毎朝わずかに回復する。
あとは食事で回復がある。
最終的には人数分のいかだを完成させるか、SOSシグナルの判定で成功させるかでクリアになる。

スタートから他の4人は水を探す。
ならばと島を捜索したところいきなりの病気イベントでステータスが一つ1になる。
ひんしゅくをかいながら水を集める。その間に皆さん捜索などを進める。
回復のため再度捜索するとタンクに穴をあけてしまい水を全て失うイベントを引く。
その後たいした行動がとれないので水を探すが他の人のイベントでスコールが出て水満タン。汲んだ水の置き場も無い。
だがこの結果最終日まで水が足りる量あったのでイカダの材料を探す。

なんとか7日目3ターンでアイテムが揃いギリギリの脱出成功となった。

今回は協力して全員脱出だったが対立する事も可能とのこと。
でもコンベンションで初見の人もいるのでこの形式で良かったです。
さすがにスタートダッシュし過ぎでしたが。

>Heroes & Heloines ~へろへろファンタジー~

タイトルとは裏腹のシンプルなダンジョンハックを行うゲーム。
なんだかだいす☆くえすとを思い出しちゃう私はダメ人間。

クラスのカードもランダムで引きました。
しかし、そもそもクラスというのは今回イメージとか方向性をつけるためのオリジナルの様子。
能力とかが最初から一つ決まっている感じ。でもその方向性はやりやすくなった感じです。
自分はバード&ダンサー。
他はエクゾシスト、ダーク何とか、ガンナー。
クラスは最初にもらえる能力とかが違う。

ステータスは無く、レベル=HPで、レベル数の能力を持っている。
ダメージを受けると能力が減ってしまう。
判定も2d6の目標7が基本。ダメージも1が基本で能力で変わることもある。

マップはトランプとダイスを併用したランダム。
経験点が今のレベルと同じ数たまったらレベルアップする。
レベルアップするとダイスを振ってランダムに一つ能力がもらえる。
もちろんHPでもある。

LV6からスタート。みんな5つのランダムを振る。
前衛系のクラスに色々揃った。そして他の二人にはダメージアップの能力とか。
この時点で一応攻撃はお任せかなとか勝手に思っていました。
こっちは盗んでみたりダメージをお金で解決したりする感じ。

いきなりの殺人コウモリに、サバイバーの前世が食料=ウマーイと囁いた。
実際複数回遭遇したのだが、すごく安定して倒していた。
その後レベルアップで能力追加。
ガンナーが他人のダメージを受ける&自分のダメージを他人に振る能力をゲット。
他も人のダメージを受け、ガンナーへの大ダメージをこっちに振る。
そしてお金がはじけるというコンボでダメージロンダリング成立。

問題はその後の階段で発生。
ジョーカーで下層への階段かどうかを判定するのだが、出始めるとどんどん降りていき・・・
大したレベルアップしないままドラゴン登場。
わざわざ敵を召還してくれてレベルアップ、2時間の休息までもらってのドラゴン戦。
こちらもギリギリで倒して終了。 (^O^)

コンベンションでこういった軽いシステムでガンガン回すのはテンポよく楽しめました。
特に初めての参加者には周りとの絡みとか適度に出来ていい感じでした。
両システム共に準備物が凄く良かったです。
凄くプレイがやりやすかったです。
どれだけ簡単なシステムとはいえ、初めてではなにやっていいのか分からないわけで。
最近自分が忙しさ理由にあまりいい準備が出来ていないなーとも感じました。
周りのプレイヤーさんも凄くやりやすかったです。

楽しませてもらいました。
ありがとうございます。
 
 
KKF情報局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です