こんこん40

レポート:こんこん40
大分混成TRPG-Convention[40:2009/02/01]

例年少ない2月のこんこん。
以前は無料月間が2月だった事もありますが、無料だろうがなんだろうがこれないものはこれない。
今回はさらに別大マラソンと重なりました。
実際試験とかと重なってる人などが居たり、仕事とかで厳しい人とか。
逆な意味で仕事とかで厳しい人とかで・・・大分の実情に泣けてきます。
来月の方が決算関連が絡む仕事の方々が大変そうなので・・・

そんな事を思いつつ、今回はエントリー3、成立2です。
卓番号 :1
マスター:Saltmoon
システム:ダブルクロス2nd
タイトル:『11人のアイドルと症候群』
希望人数:3-4
内容説明: 
成立状況:○
実参加数:3

卓番号 :2
マスター:しが.
システム:Dungeons & Dragons 3.5 Edition
タイトル:「にじゅうのにじゅうはにじゅうのにじゅう」小文字違い
希望人数:3-
内容説明: 
成立状況:●

卓番号 :3
マスター:しげちゃん♪
システム:アジアンパンクRPG サタスペ
タイトル:ずるい女(死すべし、ベイベー)
希望人数:3-4
内容説明: 
成立状況:○
実参加数:3

1)
久々マスターsaltmoon殿は何と成立2年ぶり(2007/2/4以来)。
タイトル通りのあっち系かと思いきや、まあこの人のマスターですからね。
ちゃんと知らなくてもできるようにしていたとの事。
とはいえ、知ってる人の方がやりやすかった様子。

2)
毎度おなじみ流浪の撃沈卓でございます。

3)
そんなわけで今回も初システム。サタスペです。
というか、サタスペがこんこん初というのも以外だった。
それだけにどんなシステムか楽しみ。

能力値が環境値と天分値に分かれていて、どちらかが高いとどちらかが低くなる。
この辺りのバランスを取ってていい感じ。
能力値決定で早速1を出したこの私にとっては!(あなただけじゃないって)
しかし今回はキャラシーはルールブックの後ろページをコピーしたそうだが、趣味だの装備の部分だのがルールブックと合ってなかったりした。
このルールブックはイラストも確かに豊富でいい感じだし、舞台についての説明などもちゃんとあるし・・・
しかし肝心のルール本体は検索性が悪く、重要ルールが柱部分の小さい文字で書かれていたりと正直使いやすい分けではないと感じた。
これがリメイクというか何というかなので・・・正直残念な感じが。惜しいなー。

各キャラランダム作成で全員ランダムのチャートを使用。
荒事師で43歳のヒップホップ嫌いで犬好きなオッサンに。
しかもランダムにも関わらず名前が「比嘉(ヒガ)」という残念仕様に。
とは言えリーダーが58歳のオッサンで(外見:エキスパンダー)(コンビナート大好き)と参謀の14歳ロシア人少年(外見:スパッツ)という3名がメンバー。
チーム名は絶対暴力カンパニー。肉体系1人だけど。
シナリオタイトルまでランダムで決めることが出来る。
つまりエントリーで書いたの全くなし!?
とにかく振ってみる。
「死すべしベイベー」何じゃそれ。
58歳のエキスパンダー男にげっそりしているので何とか「水谷豊」とか「松田優作」とかエキスパンダーつけてもカッコイイ感じの人を出しつつプレイスタート。

シナリオの内容はできるだけぼかしつつレポートを。

シナリオは飼い犬探しから転々と転ぶ感じ。
スタートの依頼部分ではみなキャラクターのランダムっぷりにどう個性付けしていいのか判らぬまま。
でも「コンビナートくれ!」「・・・(判定)・・・いいよ」でびっくり。
このまま情報スルーするのはまずいかな?と思いながら聞いていると・・・
「荒事師でしょ!」
「能力値通りにプレイして・・・」
そりゃそうだ。
うーん、じゃあ手荒く聞くか<違う
動けば判るさ程度には聞いて(情報のいぶりだしとかは無しで)先へ進む。
途中重要ポイントで趣味:ギャンブルに心引かれるオッサン2名。車で追いかけないとという場面。
そこへロシア人少年がスタンガンを借りて有無を言わさずオッサン2名をスタンガン攻撃!
車へ乗せて追いかける・・・
確かに「ロシア人でスパッツはいてるから車の運転だって出来る!」って言ったのは確かだ。
しかし・・・こうしてトラウマ(カルマ)が出来たのでした。怖!
場所を移動するたびにランダムで様々なことが起こる。
中華街でショップ店員に絡まれたが、これもスタンガンを使おうとするロシア人少年。
いやいやそれは・・・と止めると何とシナリオ中1回使える警察を呼ぶ技(名前がわからん)を使って逮捕。
ロシア人少年、怖!
そんなこんなで目的の犬が居そうな場所を発見。
途中58歳のオッサンの色仕掛け(?)で見通せる双眼鏡がある様子。
ところがここである判定にファンブル。
犬様巻き込んで致死判定!
仕方ないので荒事師らしく乗り込んでパニック風にアレンジしてみる。
このゲームで殺さない、パニックする荒事師は駄目風味だが。

結果病院へ行かざるを得ない状況に陥り、ここぞとばかりにロシア人少年を差し出し社会勉強をさせる(恨みを果たす)。
退院時に最終戦闘。
攻撃力を上げてたおかげか12d6を2体に・・・という流れになったが、これダイス振れば振るほどファンブル率上がるのね。(12回振るうち1回でも1ゾロが出るとその判定自体がファンブル)
案の定両方ファンブル扱い。ただ精神力を1d6減らすと1回成功(12d6で1回目標値達成)に出きるんだとさ。
残りは少ないがファンブルするとロシア人少年がスタンガン持って攻撃してくるトラウマもあって、残り少ない精神力にかける。
何とかなって、敵も倒す。

まあまず何より「楽しかった」。これ重要ね。
ルールブックは2冊はあったほうがいいかも。
それはマスター(このゲームではDD)とプレイヤー双方プレイ中に見る事があるから。
あとファンブルでシナリオそのものがひっくり返る事もあるし、事故死もありうる感じ。
ハプニングに強いまたはハプニングを楽しめる位の人で無いと厳しいかもね。
シートもうちょっと整備すればやりやすそう。
あとエロ耐性必要。
おこちゃま禁止。実年齢ではなく。
乗れとは言わんが流せる位の余裕があればOK。

熱出して書いてるレポなのでまとまっても無いのかとかそんな判断すらつきませんが今回はこの辺で。
あ、一応インフルエンザでは無いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です